アーカイブ

第257回(5/21) ストレッチ

ゲンキリサーチャー:木本武宏(TKO)
ドクター:松本秀男
整体師:岡山茉未
ゲンキスチューデント:滝裕可里

肩こりや腰痛など、多くの人が抱えている不調。それを改善してくれるのがストレッチですが、時間が取れなかったりしてなかなか続けられないのが実状のようです。そこで今朝は簡単なのに効果抜群のストレッチをご紹介します。その名も「ゆらゆら」「コロコロ」「ぐるぐる」ストレッチ。東葉コンディショニング東京院の岡山さんに教えていただきました。

身体のバランス

肩こりや腰痛などの要因の多くは、日常生活における姿勢やクセにあると言われています。重い頭を支えるのは体幹、そして足ですが、姿勢が悪いと肩や腰に余分な負荷がかかってしまいます。
今回教えていただくストレッチでは、身体のバランスを整えることで負荷が分散するので、肩こりや腰痛の方にはおススメです。

「ゆらゆらストレッチ」

(1)イスに浅めに腰かけ、かかとをそろえて膝先に人差し指をあて、左右の膝先の位置にずれがないか確認します。
(2)短くなっていた方の足を上にして足を組みます。
(3)ヒザに軽く手を添えて、下の足を10〜20回ゆっくりと揺らします。
私たちの骨盤は、座り方やクセなどによって傾いていることも多いのですが、このストレッチでは骨盤周囲の筋肉を柔らかくし、骨盤を正常な位置へと戻りやすくしています。

「コロコロストレッチ」腰痛の方に特におススメです。

(1)イスに座り、腰に手をあて、骨盤を転がすように前後に30回程動かします。
ポイントは上から吊るされているようなイメージで、肩の位置を動かさないようにすることです。
*痛みが強い方、しびれなどがある方は控えてください。

「ぐるぐるストレッチ」肩こりの方におススメです。

(1)両手を伸ばして顔の正面で組み、左右両方向に10回ずつ回します。
(2)さらに少し上の位置でも、左右両方向に10回ずつ回します。
*痛みが強い方、しびれなどがある方は控えてください。

運動には、(1)筋肉を鍛える、(2)筋肉を伸ばす、(3)関節を動かす、の3つの種類がありますが、コロコロストレッチでは腹筋、背筋を伸ばすと同時に脊柱の関節も動かしています。またぐるぐるストレッチでは、肩周りの筋肉を伸ばすと同時に肩甲骨などの関節も動かしています。
ストレッチも急激にハードなものをやるのは危険なので、ゆるいストレッチから始めるのがおススメです。

今回番組でこのストレッチを1日3セット、一週間続けてもらったゲンキチャレンジャーの皆さんも、肩こり・腰痛だけではなく姿勢にも良い兆候が現れていました。同じ姿勢、特に悪い姿勢を続けるのは良くないので、姿勢を良くしていくことも大切です。

また腰痛にはいろいろな病気があります。痛みが強い場合やしびれなどの症状がある場合は整形外科を受診しましょう。