アーカイブ

第239回(12/31) 身体の大掃除

ゲンキスチューデント:片岡安祐美 篠田光亮

今回は大みそかのゲンキの時間、「身体の大掃除!1時間スペシャル」です。「脂肪の大掃除」と「血液の大掃除」、そして「心の大掃除」の3つを、番組MCの三宅さんと満里奈さんがそれぞれ、伝統の健康法と最新メソッドで体験します。
この1年で身体に溜まったサビを、きれいに落としましょう。

脂肪の大掃除

三宅チーム「天然理心流」
天然理心流とは、剣術を中心に居合術、柔術、棒術などを合わせた総合武術です。幕末を駆け抜けた新撰組の近藤勇や土方歳三らも修行にはげみました。その動きは、木刀を振り下ろす際に前足を踏み込み、そこから受けた力を上半身から木刀へ伝えるというものです。
首都大学東京の竹井先生によると、この前重心の動きはインナーマッスルに効果的とのこと。インナーマッスルを鍛え身体が安定すれば、全身の筋肉を効率よく使えるようになって代謝もアップし、お腹の脂肪も解消してくれます。

竹井先生考案!「新撰組ウォーク」
腕を大きく振りながら身体を沈めていって、また高くしていきます。ポイントは天然理心流と同じで、重心を少し前に置き、上半身が前後にぶれないように注意することです。1日5往復を目安に行いましょう。

満里奈チーム「ジャンピングフィットネス」
欧米で大流行中の、トランポリン用器具を使ったジャンピングフィットネス。1人1台トランポリン用器具を使って行う最先端エクササイズです。このエクササイズは、器具の反動に任せて大きくジャンプしていると早いリズムに合わせて跳ぶことができないため、頭の位置を変えずに、腹筋を使って反動を抑えながらしっかり踏み込んでジャンプするのがポイントです。これにより体幹の筋肉も鍛えられることになります。また今回体験した15分のレッスンで、男性陣は100キロカロリー以上を消費。かなりダイエット効果も高いと言えそうです。
近くにこうしたジムが無いという方は、普段歩くときにお腹を意識するだけでも効果があるそうです。

血液の大掃除

三宅チーム「軟化ウド」
山ウドは通常日光に当てて育てるため、光合成をして緑色になります。一方軟化ウドは日光を当てずに育てたもので、白く育ちます。甲子園大学の灘本先生によると、軟化ウド(白ウド)には、摂取すると手足を温める効果があるそうです。番組で行った実験でも、軟化ウドを食べた後の血流が明らかに変化しました。これは軟化ウドの精油成分に、手足の毛細血管を活性化する効能があると考えられるためです。さらに余分なコレステロールを排出してくれる食物繊維は大根並みに含有されており、ドロドロ血液の改善が期待できます。
おススメのメニューは、炊込みご飯やマリネ、皮で作るきんぴらなどです。これから旬を迎える軟化ウドで血液の大掃除をしてみてはいかがですか。

満里奈チーム「スーパーフード」
今話題のスーパーフードとは、チアシード、アサイー、ココナッツオイルなどの「健康を保つ成分を多く含んだ食材」のこと。
血液の大掃除というテーマで、スムージーバーの店員さんに選んでもらったスーパーフードは、マカ、インカインチオイル、ゴジベリー、カカオの4種類です。これら4種類のスーパーフードについて、食品の栄養に詳しい斎藤先生によると、それぞれ血流改善に効く場所が違うので一緒に合わせて摂ることで相乗効果が期待できるそうです。
ゴジベリーは抗酸化力の高いポリフェノールが豊富で血流をスムーズにしてくれます。カカオのマグネシウム、マカのアルギニンには血管を拡張させる働きがあり、αリノレン酸が豊富なインカインチオイルは、炎症を抑えることで血流を改善する作用があります。特にマカのアルギニンは即効性があるので、血流改善効果が実感しやすいかもしれません。
クセのあるマカは、コーヒーなど味の濃い飲み物に混ぜるとおいしくいただけます。少し固いゴジベリーは水で戻してヨーグルトにトッピング、インカインチオイルは抗酸化作用が高く、加熱しても酸化しにくいので炒め物に使いましょう。カカオはチョコチップ感覚でデザートにふりかけてアクセントにどうぞ。

心の大掃除

満里奈チーム「VR(バーチャルリアリティー)体験」
サンシャイン60の展望台で体験できるアトラクションでは、VRのゴーグルをつけて大砲型の乗り物にのり、未来の東京を旅します。VR体験で本当にストレス解消できるのかどうか実験したところ、体験直後にはストレスホルモンが多くなるものの、10分経過すると体験前よりも減少していました。杏林大学の古賀先生によると、VRで恐怖や驚きなど一時的なストレスが与えられると、脳が身体にストレスを下げるよう指令を出し、結果としてストレスが解消されると考えられるのだそうです。家庭ではアクション映画など、一時的にドキドキ感を得られる映画を見るのがおススメです。VRは、恐怖症の患者さんが不安を感じる状況をVRで疑似体験することで恐怖症を克服する治療を行うなど、医療の現場でも活躍しています。

三宅チーム「日本酒」
心の大掃除になぜ日本酒が最適なのでしょうか?食品の健康効果に詳しい白澤先生によると、日本酒にはトリプトファンというアミノ酸がたくさん含まれており、これが脳で、気持ちを落ち着かせてくれる神経伝達物質セロトニンに変換されるためです。さらに他のアルコール飲料に比べて日本酒に多く含まれるアデノシンには、ストレスで収縮した血管を拡張してくれる働きがあります。
また日本酒に合う料理には、健康効果を高め合う理にかなったものが多くあります。日本酒はほとんど炭水化物しか含まないため、それを補える豆腐は理想的な組み合わせです。サーモンやマグロなどはDHAやEPAを多く含み、日本酒に多い糖の吸収を抑えてくれる働きがあります。年末年始に食べる機会の多いエビはアスタキサンチンを多く含むため、しみ、シワの予防に役立ち、日本酒のコウジ酸による美白効果と合わせて肌を美しく保つダブルの効果が期待できます。
そして大みそかに食べる年越しそば。蕎麦に含まれるルチンは血管を強くし生活習慣病を予防しますが、アルコールに溶けやすい性質なので、日本酒を飲むと効率よく摂取できます。

1年間の総決算!皆さんも自分にあった方法で、身体を隅々まできれいにリセットしましょう。