アーカイブ

第189回(1/10) ダイエット

ゲンキリサーチャー:我が家
ドクター:佐藤桂子

今朝のテーマはお正月太り解消ダイエット。
カロリー制限なし、特別な運動も必要なし、お酒や間食もOK!
一週間で効果が現れる驚きの方法をご紹介します。
さらに胃腸ぐったり&むくみを解消するタイプ別ダイエット法も公開。
気温が低いと代謝が上がるため、冬は脂肪を落としやすい季節です。
さらに、ついたばかりの脂肪は柔らかくて水分が多いため代謝しやすいのですが、放っておくと落としづらい脂肪に変化してしまいます。
お正月についた脂肪は今すぐに落としましょう。

8時間ダイエット

今回ご紹介するダイエット法は「8時間ダイエット」。
方法は、最初の食事をしてから8時間後には最後の食事を済ませるというものです。
例えば午前7時に最初の食事をしたら、午後3時にはその日最後の食事を済ませます。
食事をしてもよい8時間は生活スタイルに合わせて設定し、食事の回数は自由です。
ただし、明らかな大食いや早食いは禁物です。
水分は1日2L、多めに摂るのがポイントです。
特に食べない16時間は、カロリーや糖分のない水やお茶などをこまめに摂るようにしましょう。

私たちの体内では、タンパク質から消化酵素と代謝酵素が作られています。
胃腸に食べ物が残っていると、タンパク質は消化酵素に使われ代謝がおろそかになってしまいます。
一方8時間ダイエットの場合、消化しないで済む時間が16時間あり、その間、身体はタンパク質を代謝酵素に使う事ができ、脂肪を燃焼させます。
つまり8時間ダイエットは、空腹で代謝酵素を操るダイエットなのです。

・ドクターおススメ!8時間ダイエット効果アップ法
(1)睡眠時間は7時間
7時間しっかり睡眠をとると、食欲を抑えるレプチンというホルモンが多く分泌されます。
睡眠不足ではレプチンが減少し、食欲が増加してしまいます。
また質の良い睡眠は、一晩で300キロカロリーの脂肪を分解する、成長ホルモンの分泌を促進します。

(2)咀しゃく
しっかり咀しゃくすることで満腹中枢が刺激され、食べる量が減ります。また食後のエネルギー消費量も増加します。
1口につき30回噛んで食べるようにしましょう。

タイプ別正月太り解消法

・胃腸ぐったりタイプ
食べ過ぎて胃腸が弱り、基礎代謝が下がってしまうこのタイプのダイエットには、ブロッコリーが最適です。
ブロッコリーには胃の粘膜を修復するビタミンUが多く含まれ、また歯ごたえがあるため咀しゃく回数も増加します。
ビタミンUは水に溶けやすいので、ゆでるよりも蒸す方がおススメです。

・むくみタイプ
(1)顔のむくみ解消法
このタイプの方には2日間塩分を断つ塩出しダイエットがおススメです。
ポイントはショウガやレモン、胡椒など風味の強い食材を使い、塩分を含んだ調味料は使わないこと。
そしてパセリやアボカド、納豆などカリウムを多く含む食材を使うことです。
飲む水の量は1日1.5L〜2Lが目安です。
暮らしの中でこまめに補給してください。
ただし塩分は、適量であれば身体にとって大切な成分です。
期間は2〜3日のみにしましょう。

(2)脚のむくみ解消法
このタイプの方にはレギンス入浴ダイエットがおススメです。
方法はレギンスを履いて入浴するだけです。
実は湯船に入るだけも、水圧で血液やリンパ液の循環が活発になりむくみの解消に効果がありますが、レギンスを履くことでもっと圧力がかかるため効果は抜群です。
41℃のお湯に肩までつかり、20〜30分間入浴しましょう。

毎日の暮らしにプラス αするだけのタイプ別正月太り解消法、ぜひ実践してみて下さい。