アーカイブ

第67回(7/28) ドクター★オススメ健康法

ゲンキリサーチャー:ペナルティ ヒデ
ドクター:樋口裕乗

ゲンキの専門家・ドクターたちが実践している、オススメ健康法を一挙ご紹介!

(1)手をグーパーで「血圧」が下がる!
(2)爪もみ指回しで「冷え」解消!
(3)ヌンチャクで全身を鍛える!
(4)笑いで遺伝子の働きを変える!
(5)お肌プルプル、コンブ水!

立川病院 内科 漢方外来 医学博士 村田高明先生★オススメ健康法

グーパー体操で「血圧」ダウン
両腕を肩の位置まで上げ、手をグーパーするだけ!この時、“親指”を中で握ると効果的です。
指だけでなく腕の筋肉も使うため代謝が促進され、血液循環が活発になることで、
筋肉周辺の血管が拡がって血圧が下がるんだとか。

青山・まだらめクリニック 院長 医学博士 班目健夫先生★オススメ健康法

爪もみ指回しで「冷え」解消
“親指”と“人差し指”で爪の生え際をつまみ、少し痛いくらい強めに押さえます。
そして指の根元、第三関節を軸に指を左右にひねります(指1本30回、左右すべての指に)
爪もみ指回しで刺激を与えると、温かい動脈血が静脈に流れ、指先だけでなく、
全身の体温が上がり、冷えの改善につながるとのこと。
また、内臓に流れる血液量が増加することで内臓機能が良くなり、リンパ球数も増えるため、爪もみ指回しを繰り返すことで免疫力がアップ!
風邪などをひきにくい身体になるんだとか。

樋口皮膚科医院 院長 医学博士 樋口裕乗先生★オススメ健康法

ヌンチャクで体幹が強くなる
ヌンチャクを使った運動は身体のバランスを取るため、腕だけでなく、足腰も使うため
全身を鍛え、体幹が強くなります。また肩甲骨を動かすため、肩こりにも効果的なんだとか。
<ヌンチャク健康法 基本型 袈裟振り>
(1)ヌンチャクを開いて後ろに構える。
(2)右手を離して左手を頭上にあげる。
(3)頭上の左手を右下に振り下ろす。
(4)ヌンチャクを後ろに両手で持つ。
※ヌンチャクはタオルなどでも代用可能。

筑波大学 名誉教授 農学博士 村上和雄先生★オススメ健康法

「笑い」は遺伝子の働きを変える
笑うことはリラックス効果を生むだけではなく、腹式呼吸で身体の内側の筋肉を鍛え、
エネルギー消費を促進する効果があります。また、笑うことで血糖値の上昇が抑制され、
糖尿病の予防にもつながるんだとか。
さらに「笑い」は、免疫を司る遺伝子のスイッチをオンにし、がんを攻撃するという
『NK細胞』を活性化するとのこと。笑った後には『NK細胞』の働きが30%以上もアップすると言われています。

千代田漢方内科クリニック 副院長 中医師 信川敏子先生★オススメ健康法

お肌プルプル若さを保つ「コンブ水」
コンブを水に漬けると出てくる、ヌメリの元となる『フコイダン』。
実はこの『フコイダン』が、お肌をプルプルに保つ成分なんだとか。
食物繊維である『フコイダン』の整腸作用が便通を良くしたり、肌荒れを予防したりするのに効果的と言われています。

コンブ水は、市販のコンブを水に漬けて一晩寝かせておくだけ。
ポイントはコンブを細かく切ること。分量は水1リットルにコンブ10g程度です。
朝夕の食事時、100ccずつ飲むのが適量です。
※コンブ水にレモンや炭酸水、甘味などを加えるとより飲みやすくなります。