みどころ

 今年開局60周年のCBCでは、映画で数々の意欲作を送り出してきた原田眞人監督×役所広司のゴールデンコンビで、国民的作家・井上靖による原作をもとに「スペシャルドラマ 初秋」(TBS系全国28局ネット)を制作、10月8日(土)午後3時から放送します。

 CBCでは同じく原田監督+役所主演×井上原作による映画「わが母の記」を松竹と共同製作しており(2012年公開予定)、これが第35回モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞したことから、映画と連動して企画されたドラマ「初秋」にも注目が集まっています。

 役所広司主演、原田眞人監督の作品といえば映画「KAMIKAZE TAXI」や「突入せよ!あさま山荘事件」、また最新作として映画「わが母の記」がありますが、コンビで挑む映画・テレビドラマ作品としては今回の「スペシャルドラマ 初秋」が6作目。
また役所広司がCBC制作のドラマに出演するのは、1998年9月に放送したスペシャルドラマ『幽婚』(第53回芸術祭優秀賞、第47回日本民間放送連盟賞優秀賞ほか受賞)以来になります。

 「初秋」は、今年没後20年を迎える国民的作家井上靖の「凍れる樹」が原作で、一人娘を嫁がせた後、その寂しさと葛藤する父親の姿を描いたストーリー。かつて日本映画界の名匠・小津安二郎が父と娘をテーマに製作した映画「晩春」にふれるシーンもあり、このドラマは小津を研究していることで知られる原田監督の、小津作品へのオマージュともいえる作品です。

 ドラマは8月末に長野県塩尻市でブドウ畑を舞台にクランクイン、その後、場所を京都へ移し、歴史ある寺や能楽堂、趣のある町屋づくりの家屋などで撮影が行われ、しっとりと美しい映像で彩られた作品となりました。

 主人公の男・松原には、数々の映画祭で受賞し日本を代表する俳優、役所広司。そして相手役となる友人の娘には、テレビや映画に多数出演、作品ごとに様々な表情を見せる中越典子。このほか、松原の妹にキムラ緑子、松原の友人たちにはでんでん、岩松了。また松原が訪れる京都の旅館のおかみには藤村志保が扮するなど、実力派キャストが揃ってお送りします。

 静岡県沼津市出身の原田監督が、同郷でもある昭和の文豪・井上靖の世界を、独自のアレンジを加えて現代に蘇らせた「スペシャルドラマ 初秋」。

 2012年に公開予定の映画「わが母の記」と併せ、原田監督が役所広司と描き出す井上靖の世界にぜひご期待下さい。

Page up