番組審議会

CBCテレビ製作の2番組が「US国際フィルム・ビデオ祭」で
「クリエイティブ・エクセレンス賞」を受賞!

年度から閲覧する

アメリカ・ロサンゼルスで開催の「US国際フィルム・ビデオ祭」で、CBCテレビが製作した2番組が「クリエイティブ・エクセレンス賞」(Gold Camera<金賞>、Silver Camera<銀賞>に次ぐ賞)を受賞しました。

受賞したのはドキュメンタリー部門に出品した「リアルマリオ。〜空想と現実のあいだで〜」とエンターテインメント番組部門に出品した「スペシャルドラマ 三つの月」です。

■ドキュメンタリー部門
「リアルマリオ。〜空想と現実のあいだで〜」

(内容)
世界的に有名なTVゲームのキャラクター「スーパーマリオ」の衣装を着て、公道用の「カート」で愛知県内を疾走する男たち。彼らが街に出没する噂はインターネット等を通じて瞬く間に広がり、人気は急上昇。「リアルマリオ」の面々が乗り込む50ccエンジンを搭載する「カート」は彼らにとって社会と繋がる大事な「ツール」にも見える。しかし素顔は、暗い過去があるワケありの男達。背負った事情、過去はそれぞれに違うが、空想と現実のあいだで前を向き、もがく姿をカメラが追ったドキュメンタリー。

プロデューサー:大園 康志、ディレクター:下野 賢志

■エンターテインメント部門
「スペシャルドラマ 三つの月」

(内容)
山あいの美しい町で、アラフォー主婦が、東京から来た作曲家に恋をし、次第に心を通わせていくピュアで切ない“秘密の恋"を、恋愛の神様と言われる北川 悦吏子が初めて本格的な“不倫の恋"として描いたストーリー。
妻であり母であり嫁であり、「お母さん」と言う脇役に息苦しい孤独と静かな絶望を抱えている女の人生と恋の物語。撮影は世界遺産・白川郷などで行われた。

作:北川 悦吏子
出演:原田 知世、谷原 章介、菅原 大吉、山本 學、八千草 薫 ほか
プロデューサー:堀場 正仁、大谷 佐代

なお、CBCテレビ製作の番組がこのコンテストで入賞するのは昨年の「スペシャルドラマ 月に行く舟」(Gold Camera<金賞>)に続き2年連続です。

■US国際フィルム・ビデオ祭
アメリカ・ロサンゼルスで開催。1967年創設。大別するとコーポレート・教育・エンターテインメント・ドキュメンタリーの4部門の映像作品を表彰する映像祭。 2016年は29カ国から1000以上の作品がエントリーされた。

Page up