番組審議会

CBCテレビの藤井稔プロデューサーが放送文化基金賞を受賞!

年度から閲覧する

本日、第42回放送文化基金賞が発表され、CBCテレビの藤井稔(ふじい・みのる)プロデューサーが、個人・グループ部門「放送文化」の分野で受賞しました。
これは、放送界に新生面を拓いたなど、永年にわたり放送文化の発展・向上に貢献した個人またはグループに送られるもので、今回、藤井プロデューサーは「優れたドキュメンタリーの制作と放送表現の開拓」に寄与したとして選出されました。

藤井プロデューサーは、1999年に制作した「えんがわ」で芸術祭優秀賞をはじめ数々の賞を受賞して以来、様々なドキュメンタリーを制作しています。

<藤井稔 主な受賞歴>

1999年制作 『えんがわ』 ・芸術祭優秀賞
・日本民間放送連盟賞優秀賞
・ギャラクシー賞優秀賞
・JNNネットワーク大賞
2002年制作 『鉄くずキラリ』 ・日本民間放送連盟賞優秀賞
・ギャラクシー賞選奨
・JNNネットワーク協議会賞
2004年制作 『山小屋カレー』 ・放送文化基金賞優秀賞
・日本民間放送連盟賞優秀賞
・JNNネットワーク協議会賞
・日本放送文化大賞準グランプリ
・ABU賞
2006年制作 『赤い日々の記憶』 ・日本民間放送連盟賞優秀賞
2009年制作 『家族記念日』 ・日本民間放送連盟賞最優秀賞
・地方の時代映像祭賞優秀賞
・ギャラクシー賞優秀賞
2010年制作
『えんがわ 〜18年目の春』
・日本民間放送連盟賞最優秀賞
・放送文化基金賞番組賞

など

贈呈式は7月5日(火)にホテルオークラ東京で行われます。

なお、CBCが個人・グループ部門で基金賞を受賞するのは、39年ぶり3度目です。
1976年<第2回>「放送文化」分野 伊藤松朗氏 「すぐれたドラマ番組の制作」
1977年<第3回>「放送技術」分野 服部 元氏 「デジタルエレクトロズーマーの開発」

Page up