番組審議会

民放連盟賞 CM部門で最優秀・優秀を受賞

年度から閲覧する

CM部門(テレビCM)
最優秀「キレイに、定年はない。」(広告主・POLA)
優秀「メロンに寄り添う男」(自社媒体PRスポット)

「平成27年日本民間放送連盟賞」テレビCM部門で、CBCテレビから出品した2作品が「最優秀」と「優秀」を受賞しました。CM部門で「最優秀」を獲得するのは、平成20年以来、7年ぶりになります。(平成20年・テレビCM「共和ゴム−ゴム銃名人が愛用するのは…」以来)。なお、表彰は11月10日(火)に大阪で開催される「第63回民間放送全国大会」の式典席上で行われます。

■平成27年日本民間放送連盟賞・CM部門(テレビCM) 最優秀
「キレイに、定年はない。」(広告主・POLA 60秒)

(内容)
ポーラの化粧品訪問販売員・伊沢タツ子さん(89)を取り上げた企業CM。“化粧をしたら往復ビンタ”される戦争の時代を経験したことで、美しさへの興味がわき販売員となった伊沢さんの販売歴は63年。顧客もほとんどが80歳以上である。生き生きと働く伊沢さんの姿を通して、化粧ができる平和がいつまでもあってほしいという思いを込めた作品。

プロデューサー:藤井 稔、ディレクター:尾田 真一

■平成27年日本民間放送連盟賞・CM部門(テレビCM) 優秀
「メロンに寄り添う男」(自社媒体PRスポット 105秒)

(内容)
静岡県袋井市のメロン農家・名倉正司さんは、メロン栽培の際、ビキニパンツだけという格好で行っているが、この姿になるとメロンの気持ちがよく分かるという。25年間この格好で、妻の光子さんはその姿に呆れつつも41年間を共にしてきた。名倉さん夫婦を引き合いに、視聴者や地域に寄り添うテレビ局でありたいという思いを伝える作品。

プロデューサー:宇佐美 浩伯、ディレクター:萩原 雄太

Page up