番組審議会

第628回CBCテレビ番組審議会

開催日 平成29年3月10日(金)
出席委員
(敬称略)
小塩薫、喜聞広典、北川尚子、鈴木康弘、戸苅創、
嶋尾正、長谷川靖、岡嶋昇一、村瀬幸雄
書面参加 中井昌幸
議題 1. 春の番組改編方針の説明
編成担当から説明があり、了承されました。
2. 放送全般についてのご意見・ご要望

《審議委員の主なご意見》

CBCテレビについて、

  • 専門性のある報道記者を育成し、医療・福祉・防災などの分野を継続的に報道してほしい。
  • 地元密着の放送局なので、名古屋の良い点、悪い点を取材して放送してほしい。
  • 平日の午後に放送している「ゴゴスマ」は、庶民的な言葉遣いで放送されており、分かり易い。連日、大型企画を放送し東京にもネットされるなど質の高い番組である。
  • 報道番組を強化し、取材力・解説力のある映像ジャーナリズムの役割を果たして欲しい。
  • 今後も良質な番組を制作し、文化を伝承する番組を作り続けてほしい。

また、放送界全体に関する意見としては、

  • シニア層の人口が今後も増えていくので、シニア向けの番組をもっと制作してほしい。
  • 子育てや結婚、そして、家族を大切にする事のすばらしさを紹介する番組を作ってほしい。この番組を子供と一緒に見れば、子供たちが将来結婚に憧れ、良い効果をもたらすのではないか。
  • シニア世代と小さな子供たちが一緒に見られる番組を作れば、子供にとって良い影響を与える事になる。
  • 報道番組は即時性が大切かもしれないが、まず、正確であって欲しいし、高い見識を持つ専門家を登場させてほしい。
  • テレビの情報は信頼性が高いので、大局観を持って報道してほしい。
  • スポーツ番組で、普通の試合を過剰に煽るのはやめて欲しい。却って、視聴者の感情が冷めてしまう。
  • 2020年の東京オリンピックの頃には大型テレビを囲んで家族が集い、番組をみている姿が目に浮かぶ。テレビは、希薄になりつつある家族の絆作りに一役買うことができれば、さらに重要な存在になるのではないか。

Page up