• トップページ
  • 番組紹介
  • テーマソング
  • バックナンバー
  • ご意見・ご感想
[2013年1月20日(日)放送]

映画やドラマ、バラエティ番組と幅広い活躍をみせる、女優 鈴木砂羽さんと
人気お笑い芸人 光浦靖子さんが登場!

活躍の場は全く異なる、“女優”と“お笑い芸人”。
過去番組での共演以来、じっくり話すのはおよそ8年ぶりという2人。
互いに不惑の40代を迎えた今、素顔で語りあったのは…。

真面目な父親に育てられたという光浦さんが明かした、内向的な青春時代。
そんな内気な少女が<芸人への道>を選んだキッカケとは?

一方、鈴木さんは光浦さんとは対照的な“破天荒な学生時代”を赤裸々告白?!
さらに、22歳での映画デビューで新人賞を総なめにした、鈴木さん。
華やかな芸能生活が開けるかと思いきや…待ち受けていたのは過酷な「現実」。
砂羽さんが明かした“ボロボロだった20代”とは?!

最後に、今回光浦さんがどうしても聞きたかった“結婚について”を切り出すと…
39歳で結婚をした鈴木さんが、初めて明かした「結婚秘話」。
そこには、40歳目前まで「結婚」を踏みとどまらせた、意外な親子関係が?!

互いに40歳となった今だからこそ感じる、“親子の絆”。
語り合う中で2人がみつけた“親子関係”で最も大切なこととは…?

トークゲスト

出演:鈴木砂羽

プロフィールをチェック

出演:光浦靖子

プロフィールをチェック
アシタword
光浦さん:『あえて“苦手なこと”に挑戦してみる』
「お笑い始める前は、内向的で挨拶もできなかった」と語ってくれた光浦さん。でもある日…そんな「自分」を変えるため、荒療治として“一番、自分に向いてない”と感じた「お笑いオーディション」に行ったところ、なんと見事合格! 最初は自信が無かったけれど、続けるうちに「お笑い芸人」として【自分の居場所】を見つけることができたんだとか。“自分にはできない”という思い込みを捨てる…それが<未来>を切り開くきっかけになると語ってくれました。
鈴木さん:『愛情は“分散”させた方が、より良い関係を築ける』
光浦さんと語る中で、母親から精神的に自立できなかった自分を振り返り「愛情は一点に集中させることなく、分散させた方が“より良い関係”が保てる」と語ってくれた砂羽さん。この言葉には光浦さんも、深く共感。溢れる愛情は素晴らしいことだけど…「愛情を注ぐ」よりも「大切な人の幸せを一番に考える」ことのほうが、大切なのかもね。
時間の流れを忘れさせる、癒し空間の“アートカフェ”
ギャラリーカフェバー縁縁

東京都港区麻布十番2-8-15 1F
電話:03-3453-4021
HP:http://www.enyen.jp/