• トップページ
  • 番組紹介
  • テーマソング
  • バックナンバー
  • ご意見・ご感想
[2012年9月9日(日)放送]

バレーボール日本代表選手 竹下佳江さんと、タレント はるな愛さんが登場。
活躍の場は異なるものの、互いに関心を持っていた2人。
今回は女子会的恋愛トークから“自分らしい生き方”まで…『あるがままの自分』を語り尽くす!

女子バレーボール日本代表として、見事「銅メダル」獲得!
さらに今年の春には“結婚”と、公私ともに幸せいっぱいな竹下さん。
しかし、ここに至るまでには、これまで語られることのなかった暗闇の時代が…。

ある事を理由に、激しいバッシングにさらされた日々。
それは今だからこそ語れる、「人生のどん底」ともいうべき苦悩の日々。
竹下さんを追いつめた“ある事”とは? さらにそんな竹下さんを救った“心の支え”とは?!

一方、はるな愛さんも“本当の自分”と“社会”との狭間でもがき苦しんだ日々を赤裸々告白!!
現在の明るい姿からは想像できない、壮絶なるエピソードに竹下さんは…。

誰でも心が折れそうになる時はある…
でも信じる“何か”があれば、人は“次の一歩”を歩みだすことができる。
辛いの日々を耐え抜いた者こそがつかめる、“本当の自分”。

最後に2人が導き出した、“自分らしい生き方”とは?

トークゲスト

出演:竹下佳江

プロフィールをチェック

出演:はるな愛

プロフィールをチェック
アシタword
はるなさん:『必要とされることが一番の喜び』
誰かに必要とされるのは、本当に幸せなこと。
求められる限り、精一杯に応え続けたい。
「自分らしくあろうとすると、周囲から白い眼で見られて…」と学生時代の壮絶な過去を語ってくれた、はるなさん。一時は『死』すら考えたという日々があったからこそ、今、“誰かに必要とされること”の喜びが身に染み入るんだとか。竹下さんからの「自分の運命を恨んでますか?」という質問にも、「今はとても幸せ。だから、恨んでません」とキッパリ答える笑顔が、とても印象的でした。
竹下さん:『苦しんだぶん、人の傷みが分かる』
“人の苦しみ”が分かるのは、自分も苦しい思いをしてきたから。
辛い経験もすべて、今の自分に生かされている。
幾度にわたる世間からの激しいバッシング…当時は、人間不信に追い込まれるほど苦しんだという、竹下さん。でもどんな苦境であっても、周囲の支えや「これは自分の運命なのだ」と受け止め、前向きに取り組んできたんだとか。そんな竹下さんが属するバレーボール女子日本代表は、今年のロンドンオリンピックでは見事“銅メダル”を獲得!そこには、きっとこれまでのどんな苦境にもまっすぐに向き合ってきた、竹下さんの心が『チームのまとめ役』として大きく貢献したんだろうね!
スタジオゲスト
名越康文

精神科医。ソフトな語り口と親しみやすいキャラクターで、ラジオのDJで人気を評し、以降多メディアで活躍。近年は精神科医からみた、映画・音楽評論など、テレビ・雑誌を中心に幅広く活躍。(京都精華大学人文学部客員教授)

鈴木亮平

2006年、史上初の水着キャンペーンボーイに選ばれ、モデルとして注目を集める中、同年にはテレビドラマで俳優デビュー。現在は、英語が堪能な(英検一級取得)国際派の実力派俳優として、映画・テレビ・舞台と幅広く活躍。世界遺産検定1級の資格を持つ。7月20日スタートしたTBS金曜ドラマ「黒の女教師」に出演

ラグジュアリーな空間で楽しむ、大人のダイニングサロン
Dining salon OOZE(ウーズ)

大阪府大阪市北区豊崎3-14-8 WBFビル1F・7F
電話:06-6375-2639