• トップページ
  • 番組紹介
  • テーマソング
  • バックナンバー
  • ご意見・ご感想
[2012年6月24日(日)放送]

世界を舞台に活躍し、長年に渡りファッション業界の第一線を走り続けるデザイナー コシノジュンコさんと、「米米CLUB」として数々のヒット曲を世に出し、幅広いジャンルに活躍の場を広げている、アーティスト石井竜也さんが登場!

鋭い感性で、自ら道を切り開いてきた2人…
ジャンルは違えど、互いに頂点を極めた彼らは一体何を語り合うのか?!

実は、じっくり語り合うのは今回が初めてという2人。
しかし石井さんは、独自の世界観を表現し続けるコシノさんのルーツが気になっていたのです。
語り合ううちに紐解かれていく、互いの素顔…そこには想像もできなかった意外な共通点が?!
さらに“今だから語れる”2人の壮絶な過去、華やかな舞台の裏側に隠された“闇なる日々”とは?

通じ合う相手と話して、次第に明かされていく心の奥底。
2人の壮絶な人生に裏打ちされた言葉には、アシタへのメッセージが…。

トークゲスト

出演:コシノジュンコ

プロフィールをチェック

出演:石井竜也

プロフィールをチェック
アシタword
コシノさん:『「まず口に出す」ことが大事』
口に出したら、実行するしかない。
思ったことは心に留めず、口に出すことが大切
毎日の暮らしの中で「“思ったことは、口に出す”ことが大切」と、お母さんから教わったというコシノさん。気がついたら、何でも口に出す…たとえ思い付きでも発言した瞬間から責任が伴うので実行するしかない。その繰り返しが、自分でも気づかないうちにカタチになっていくのだ、と語ってくれました。コシノさんの成功の裏側には、お母さんからのこんな教えがあったんだね。
石井さん:『少しベクトルを変えるだけで、人は強くなれる』
絶望の淵にいた自分を救ってくれたのは、親父の一言だった。
考え方を少し変えるだけで、世界は大きく変わる。
その昔、多くの借金を抱え“死ぬこと”も考えたという石井さん。「もうだめかもしれない…」そんな絶望のドン底で苦しむ石井さんを救ってくれたのは、実はお父さんからの一言だったんだとか。『お金なんて心のないもの。そんなくだらないものに、お前は命を預けたりしないよな』この一言にガツンと衝撃を受け、これまでの考えが一変。その後は“借金”をバネにし、様々な仕事にも精力的に考えられるようになったと語ってくれました。
スタジオゲスト
大宮エリー

1975年 大阪府生まれ。広告代理店勤務を経て、2006年に独立。映画「海でのはなし。」で映画監督デビュー。その後、TVドラマや舞台の脚本・演出、ミュージックビデオ監修、雑誌でのコラム執筆ほか、著書『生きるコント1・2』などを発刊と幅広く活躍。現在、ユーストリームの生配信番組「スナックエリー」にも出演中。

平方元基

184cmの長身を活かしたダイナミックな演技で舞台・ミュージカルのほか、テレビドラマなど多方面で活躍。趣味は写真・料理・テニス、現在公演中のミュージカル『エリザベート』では、ルドルフ役として出演。

出演者からのお知らせ
■コシノジュンコさんからのお知らせ
観客動員数500万人!
世界が認めた和太鼓を使ったエンターテイメント!
その舞台衣装をコシノジュンコがプロデュース!

「TAO」
7月27日〜29日 横浜BLITZ
8月3日〜5日 赤坂BLITZ

全国ツアー開催中の「TAO」がサマーライブを開催!
6日間8公演限定の特別なライブをお見逃しなく。

【詳細情報】

※詳細は「TAO」ホームページをご覧ください。
http://www.drum-tao.com/

■石井竜也さんからのお知らせ
・『HEARTS VOICES』2012.6.20発売!!
初回生産限定盤/CD+DVD \12,000 通常盤/CD \2,500
・8/8 米米CLUBコンサートDVDを発売予定!!