共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • LINEで送る

東建コーポレーションpresents

少年よ、壁を越えて… 多度大社・上げ馬神事2017

2017年6月4日(日)午後1:24〜1:54放送

【ナレーション】渡辺美香

高さ2メートルの土壁を越えられるか。
わずか一か月足らずの乗馬訓練で少年騎手は坂を駆け上がる。

家族や仲間の期待を背負い苦悩と感謝を胸に壁に迫る。
その向こうに少年は何を見つめるのか?

三重県桑名市、多度大社。およそ700年伝わる「上げ馬神事」が行われる。

六地区の少年騎手が馬を駆け、 壁を乗り越えるか否かでその年の豊凶が占われる。
その重責を担う少年騎手は神占いによって選ばれ、騎手となった少年は、その後およそ一か月に亘り、乗馬訓練と清浄な生活を営む。

猪飼地区の騎手、野呂啓一郎君も青年会の先輩たちと訓練に励む。
乗馬経験のない啓一郎君だが、亡き父の思いや母の励ましを胸に刻みながら徐々に成長してゆく。
祭りのしきたりは厳しく、母と別れ、自身で料理を作る日々。
滝つぼで身を清める。
そして迎えた本番の日、啓一郎君はいよいよ馬に騎乗。
壁の上には青年会の皆が期待を込めて待ちかまえる。
やがて、啓一郎君は馬とともに滑走する。

pageup