ドラの巻【CBCドラゴンズ情報】

恐竜復権―2018年に向けて始動する中日ドラゴンズをCBCテレビ、CBCラジオではさまざまな番組、企画で特集します!

ドラゴンズ森監督「2番起用は…」の秘策披露?!

 共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る
ドラゴンズ森監督「2番起用は…」の秘策披露?!
【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

松坂入団テスト・イチローNPB復帰?に参戦……。その他あれやこれや「嬉しい事」から「嘘でしょな事」まで、ここ数年に比べ珍しいほどオフの話題を提供するドラゴンズ…。さて、ファンの心境は如何なものか?
(ほんとはシーズン中も話題の中心にいて欲しいけど…。まぁ何もないオフよりましか??)

今週のサンドラ。ゲストは吉見一起投手。昨シーズンは5年ぶりの二桁勝利が期待されるも、3勝7敗防御率5.22と復活ならなかったベテラン。

吉見の二桁とドラゴンズのAクラスが見事にリンクしてる事を考えると、チームにとってなくてはならない投手であるのは間違いない!

インタビューでは何度も「崖っぷち」という言葉を口にする吉見。(それと同じくらい「股関節」という言葉も出てくるが…笑)
キャンプに向けて自主トレに励んでるようです。

2018年の完全復活に期待しましょう!

後半は森監督インタビュー!
1年間監督としてシーズンを戦った上で、期待通りだった人、嬉しい事に期待以上だった人、残念ながら期待外れだった人などなど今季に向けての構想を語ってくれました。

やはり投手出身の監督だけあって真っ先に挙げたのは投手陣。先発希望の又吉を含め鈴木翔太・小笠原・柳のドラ1トリオ、大野、吉見、山井、笠原に両外国人。更に伊藤準規の名前まで…。頭数は多い。しかし監督は、
「全員に期待してるが、必ず裏切る選手も出てくる」と実感こもったコメント。そうだよね?。全員期待通りなら100勝軽くしちゃうもんな?。

中継ぎ・抑えの候補も含め、あくまで現時点ではあるが大まかな陣容を紹介してくれた。さすが太っ腹(若しくは隠すほど居ないのか?どうも悲観的になるなぁ)

続いて野手陣。
高橋周平を含めて激化するセカンド争いと両外国人問題…。鍵を握るのは平田良介の状態との事。確かに彼が万全ならそれに越した事はないもんね。

打順は
「1番大島・2番京田は有り!だけど1番京田・2番大島は無い!」ほー。
「1番京田・3番大島なら2番は外国人」ほーほー。なるほどなるほど。

新外国人&FA補強・大野奨太捕手の新戦力についても。特に大野奨太には
「ピッチャーの良さをどれだけ引き出してくれるのか?」とコメント。長年ドラゴンズのウイークポイントだったポジションだけに、穴は埋まるか?

最後に
「弱い事はわかったが、何もコテンパンにやられた訳では無い。ココを直せばというのもある。」と森監督。
直してください、お願いします!

そんな森監督のインタビューをワイプ(画面の小窓)の中で、真剣に時に苦笑いを浮かべながら見ていた吉見。なんか2人の関係性が窺えて良いですな。こういう所を見せてくれるサンドラは流石。彼の2018公約は、
「ローテーションを守る!」でした。

抜群のコントロールで相手打者を手玉に取る…。そんな吉見投手の姿を1年間見たいものです。頑張って!

【CBCラジオドラ魂キング金曜担当】お茶の間代表野球ファン戸井康成(22日11:37)

あわせて読む

pageup