ドラの巻【CBCドラゴンズ情報】

恐竜復権―2018年に向けて始動する中日ドラゴンズをCBCテレビ、CBCラジオではさまざまな番組、企画で特集します!

ドラゴンズ大野・田島・伊藤…泣く子も黙る大野軍団登場!でも泣いたのは…?

 共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る
ドラゴンズ大野・田島・伊藤…泣く子も黙る大野軍団登場!でも泣いたのは…?
【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

年賀状が先か?大掃除が先か?いや、その前にクリスマスツリーは出すの?出さないの?出さないと雰囲気出ないよね。でも、すぐ大掃除で邪魔になるし…じゃあ門松とそのままチェンジすればいいか。ところでチキンの予約が一杯で、22日になっちゃったから、うちのクリスマスは22日でいいね?はい決定!……ぐらい気忙しい年の瀬です。

さて今週のサンドラ。大野雄大投手、田島慎二投手、伊藤準規投手の「大野軍団」生出演!
「大野軍団」??初めて聞いたよ、この名前。仲良しなのは知ってたけど。しかし、結論から言うと、見た感じ「大門軍団」並みにいかついけど、喋ると「たけし軍団」並みに面白かった。軍団のモットーは、
『クヨクヨしない!』ですから。

先ずはリーダー大野の6月まで延び延びになった今季初勝利とその時流した涙をひとイジリ。伊藤が、
「全く感動しなかった」と言えば、
田島は、
「ダッサ!」と一言でぶった切り。
大野曰くこの初勝利の涙は、
「応援してくれる人の有り難さを感じた」だから思わずあふれたとの事。泣かせるね〜。
そんな1年を自ら振り返ると、
「開幕つまずいたまま乗り切れなかった。ただ後半はストレートの使い方が良かった」と大野。
確かに6月7日初勝利以降は15試合で7勝3敗と調子を取り戻しているもんね。

続いて伊藤の1年は、
「スライダーを扱えるようになった」と自ら分析。
一時は森監督からトレード要員とまで言われた男が、崖っぷちで何かをつかんだ様子。頼もしいセットアッパーになりました。リーダー大野も、
「会話が明確になってきた。一皮剥けたかな」と伊藤を見直した。

そして最後は田島。1年を振り返って、
「東京ドーム嫌いです」とコメント。防御率23.14、0セーブに終わった東京ドームへの苦手意識を語った。それでも投手陣最高年俸となる1億円プレーヤーに!これにはリーダー大野も、
「田島タニマチ先輩として…」とニヤリ。

それぞれの「喜怒哀楽コーナー」を紹介しつつ最後は来季の公約を発表。
大野は、
【11月までプレー】
それは日本シリーズありきという事ですな。
伊藤は、
【奪三振率】
今季も30イニング以上投げたドラ投手陣の中でトップの成績。ピンチの芽をピシャリと抑えてもらいましょう。
田島は、
【タイトル】
ズバリ、40セーブで優勝争いに加わってくれるはず!

FA補強でドラゴンズ入りが決まった大野奨太捕手へのインタビューもあり、ワクワク感たっぷりのサンドラでした。

中でも、わたし的に一番驚いたのは伊藤準規投手の面白さ!大野、田島両投手は以前からトークもサービス精神も満点って事は、ファン皆が知るところ。しかし、自ら「大野軍団のイケメン担当」と言い切る伊藤が、これほどオモロイ男とは…?!イケメンが顔芸までやっちゃダメ!卑怯!(笑)
これでまた女性ファンのハートわしづかみ。イケメンにうるさい(?)小笠原慎之介投手の心境はいかに…??

伊藤投手、ちょっと見方が変わりましたよ!

来季はこの3人による必勝リレーを何度も見たい…けれど出来れば大野投手にはリーダーらしく完投してもらって、他の2人には別の投手を助けてもらいましょうか?そうすれば、大野軍団の構成員は更に増え、結束は強固なものになる事間違いなし!頑張れ、大野軍団!!

【CBCラジオドラ魂キング金曜担当】お茶の間代表野球ファン戸井康成(18日12:20)

あわせて読む

pageup