第50回 中日クラウンズ
 
ホールデータ
 

OUTホール

1
1番ホール
打ち下ろしで左ドッグレッグのパー4。ティグラウンドからはグリーンは見えない。ドライバーで左の林コーナーを狙えば、残り50ヤードほど。絶対にバーディが必要なホールだ。




2
2番ホール
難易度が最も低いパー5。ここでバーディを奪えないと上位進出は難しい。広いフェアウエーにロングドライブを放ち、第2打で乗せる積極策で、連続バーディとしたいところ。




3
3番ホール

フロント9の最難関。距離が長く、第2打の精度が要求される。左奥が高い受けグリーンで、手前に深いバンカーがありパーオンは極めて難しい。パーセーブできれば良しとするホール。





4
4番ホール

砲台グリーンで、左右には深いバンカーがあるパー3。滞空時間の長いショットになるために風の影響を受けやすく、見た目以上にパーオンできない。外せば寄せが難しい。





5
5番ホール

砲台の2段グリーンで、登り傾斜がきつく、奥からのパットは凄く速い。第2打はショートアイアンだがピンの手前にピタリとつけないと、3パットになりやすいホール。





6
6番ホール
距離が短いが、攻略法が難しい曲者ホール。ティショットで飛距離を出し、第2打はウェッジでスピンの利いたボールを打たないと止まらない。グリーン左は危険なスロープ。




7
7番ホール
打ち下ろしのパー3。風の影響を受けるティショットをいかにコントロールするかが課題。グリーンは砲台状で止まりにくく、両サイドのバンカーに入れたらパーセーブはかなり難しい。




8
8番ホール
左ドッグレッグのミドルホール。ティショットの狙い目は左の木を越していくルートだが、ドライバーを使わず刻む選手も多い。確かなマネジメントと第2打のショットの切れ味が勝負。




9
9番ホール
攻めるべきストレートなパー4。セカンド地点、左サイドから張り出した林がスタイミーになりやすいので、センターから右サイドが狙い目。第2打はスピンをコントロールしてピン側に止めたい。




ホールデータTOP | INホール

クラウンズトップページへ