第50回 中日クラウンズ
 
ホールデータ
 

INホール

10
10番ホール
フォローの風が吹き、距離も短い。このため第2打はほとんどがウェッジ。100ヤード以内のショットの精度が鍵になる。ただ、グリーン奥からの寄せが難しく、勇気を持って突っ込めるかが課題。




11
11番ホール
最も短いパー4。優勝を狙うにはここも確実にバーディを奪いたい。第2打のコントロールが鍵だが、例年平均パット数が高く、グリーンの微妙なアンジュレーションを読み切れていない。




12
12番ホール
打ち下ろしでほぼストレートなホールだが、選手によって攻略法が分かれる。第1打、2打をどう組み合わせるか、様々な作戦のバリエーションを必要とする和合を象徴するようなホール。




13
13番ホール
パー3の中で、最も難しい鬼門。ここをスムーズに通過することが、優勝への条件になる。飛ばし屋なら通常7番か6番アイアン。グリーンに止めるには弾道の高さとスピンが必要になる。




14
14番ホール
多くの選手が苦手とする最難関。グリーン手前の木がスタイミーになるので、ティショットはフェアウエー左サイドが狙い目だが、左のOBが恐い。その恐怖感を克服することが優勝争いの条件。




15
15番ホール
長くタフなパー5。打ち上げで、通常風はアゲンスト。2オンはほぼ不可能で、3打目勝負になる。バーディチャンスを作るためには飛距離が絶対条件。グリーンにはマウンドがあり、選手を惑わす。




16
16番ホール
左の林越えにグリーンまで届かせる攻撃型と、ドッグレッグのコーナーまで運ぶタイプに分かれる。グリーン周りはバンカーでガードされ、精度の高いショットと冷静な判断が試される。




17
17番ホール
数々の名ドラマが繰り広げられた名物ホール。ティグラウンドとグリーン上で風向きが違うことがあり、なかなか読み切れない。グリーン左のバンカーが鬼門で、かなりのプレッシャーを受ける。




18
18番ホール
アゲンストの風に向かって飛距離を出したい距離のある最終ホール。右サイドの浅いOBの脅威を感じながら、どう攻めるかが課題。グリーンにはマウンドがあり、ラインがなかなか読み切れない。




ホールデータTOP | OUTホール

クラウンズトップページへ