第48回 中日クラウンズ
 
今回の外国人招待選手
 
東洋のマスターズとも称される中日クラウンズ。これまでアーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤー、セベ・バレステロス、グレッグ・ノーマンを始めとする世界の超一流プロが名門和合コースの壁に挑み、熱い名勝負を繰り広げてきました。

トレバー・イメルマン
Paul Casey(ポール・ケーシー)
  〜2006欧州ツアーのプレーヤーオブザイヤー〜
1977年7月21日(29歳)身長178cm 体重80kg
国籍・イングランド
主参戦ツアー・ヨーロピアン・ツアー  2000年プロ転向

2001年にツアーデビューし、わずか11試合目のグレンイーグルス・スコティッシュPGAチャンピオンシップで初優勝を飾った逸材。その年、賞金ランキング22位に入り、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得している。
昨シーズンはメジャートーナメントを中心に、アメリカの試合にもスポット参戦。全米オープンで15位、WGC・ブリヂストン招待で4位タイに入るなど、活躍の場を世界へと移している。その昨シーズンは、欧州ツアーのボルボ・チャイナオープン、ジョニーウォーカー・チャンピオンシップ、HSBCワールドマッチプレー・チャンピオンシップの3試合で優勝。シーズン終盤までパドレイグ・ハリントンと熾烈な賞金王レースを繰り広げ、惜しくもおよばなかったものの自己最高の賞金ランキング2位に入った。
今シーズンは、アブダビ・ゴルフチャンピオンシップで早くも優勝を飾るなど、賞金王獲得に向け最高のスタートを切っている。

2007年度主な戦績
  アブダビ・ゴルフチャンピオンシップ 優勝

2006年度主な成績
 
 HSBCワールド・マッチプレー・チャンピオンシップ  優勝
 ジョニーウォーカーチャンピオンシップ  優勝
 ボルボ・チャイナオープン  優勝
 ニッサン・アイリッシュオープン 2位

欧州ツアー賞金ランキング
   2位  245万4084ユーロ

賞金ランキング
  欧州ツアー
 2006年  2位  245万4084ユーロ
 2005年   32位  56万4648ユーロ
 2004年  14位  122万2565ユーロ
 2003年  6位  136万0456ユーロ

日本での戦績
  2002年 三井住友VISA太平洋マスターズ 37位タイ

ワールドゴルフランキング
  14位(2007年3月5日現在)
ケーシー選手のコメント
  「2002年にプレーして以来久し振りの日本でプレーできることにとても興奮しています。中日クラウンズのようなビッグトーナメントにご招待いただき光栄です。
 2006年はヨーロピアンツアー賞金ランキング2位の成績を残すことができ、また、2007年はアブダビ・ゴルフ・チャンピオンシップで優勝し、申し分ないスタートを切ることができました。
 中日クラウンズにて最高のプレーができることを楽しみにしていますし、クラウンズの歴代の偉大なチャンピオン達の仲間入りを是非とも達成したいです。名古屋でお会いましょう!」

トレバー・イメルマン
Gary Hallberg(ゲーリー・ホルバーグ)
  〜1982年クラウンズ優勝・和合へ再び〜
1958年5月31日(48歳)身長178cm 体重73kg
国籍・アメリカ
主参戦ツアー・米PGAツアー  1980年プロ転向

ツアー優勝:3勝
 
 1983年  サンディエゴオープン
 1987年  グレーター・ミルウォーキーオープン
 1992年  サザンオープン

2007年度主な戦績
 
 マヤコバ・ゴルフ・クラシック  予選落ち
 AT&Tペブルビーチプロアマ  予選落ち

2006年度主な戦績
 
 B.C.オープン  24位タイ
 バレロ・テキサスオープン  43位タイ
 USPGA賞金ランキング :237位
ホルバーグ選手のコメント
  「中日クラウンズトーナメントへ再びご招待いただき、また、日本で久し振りにプレーする機会をいただき、心より感謝申し上げます。私はかれこれ27年間プロとしてプレーをしておりますが、他のどのプレーヤーよりも、このゴルフというゲームが大好きです。1982年、私は幸運にも恵まれ、中日クラウンズトーナメントでプレーすることができ、さらに優勝することができました。これまでも、家族には日本についてずっと語り続けてきましたが、今は、すばらしい日本に行ける日のことわくわくしながら話しています。 世界で一番美しい国、そして世界で一番親切な人々のいる国、日本に行けることに、家族全員、非常に興奮しています。4月にお会いしましょう!」



クラウンズトップページへ