第45回 中日クラウンズ
 
今回の外国人招待選手
 
東洋のマスターズとも称される中日クラウンズ。これまでアーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤー、セベ・バレステロス、グレッグ・ノーマンを始めとする世界の超一流プロが名門和合コースの壁に挑み、熱い名勝負を繰り広げてきました。
今大会の外国人招待選手は2名。世界のゴルフ界の次代を担う逸材として、その将来を嘱望されています。

トレバー・イメルマン
Trevor Immelman(トレバー・イメルマン)
  2003年WGCワールドカップ 南アフリカ優勝の立役者!!

1979年12月16日(24歳)身長178cm 体重72kg
国籍・南アフリカ 出身地・ケープタウン・南アフリカ
主参戦ツアー・ヨーロピアン・ツアー  1999年プロ転向

優勝歴
  WGC
 2003年 ワールド・カップ
 (Trevor Immelman & Rony Sabbatini)
  ヨーロピアン・ツアー
 2004年 南アフリカン・エアウェイズ・オープン
 2003年 南アフリカン・エアウェイズ・オープン
  南アフリカ・ツアー
 2003年 ディメンション・データ・プロアマ
 2000年 ボダコム・プレーヤーズ・チャンピオンシップ
  ヨーロピアン・チャレンジ・ツアー
 2000年 タスカー・ケニア・オープン
  アマチュア時代
 1998年   USパブリック・リンクス・チャンピオン
南アフリカン・アマチュア
・ストロークプレー・チャンピオンシップ
 1997年   南アフリカン・アマチュア・チャピオンシップ
 

ワールドゴルフランキング
  40位 (2004年2月27日現在)

賞金ランキング
  ヨーロピアン・ツアー
  2003年  14位  1,007,777euro
  2002年  14位  1,064,085euro
  2001年  88位  222,243euro
  2000年  253位  7,509euro

2004年の主な成績と賞金ランキング
 
ヨーロピアン・ツアー
優勝: 南アフリカン・エアウェイズ・オープン
6位T: ダンヒル・チャンピオンシップ
24位T: ハイネケン・クラシック
35位T: ジョニー・ウォーカー・クラシック
2回戦進出: WGC-アクセンチュア・マッチプレー・チャンピオンシップ
(1回戦/丸山茂樹に勝利、2回戦/タイガー・ウッズと対戦)
賞金ランキング 6位: 151,820 euro (2004年2月27日現在)

2003年の主な成績
  ヨーロピアン・ツアー
優勝: WGC-ワールド・カップ
優勝: 南アフリカン・エアウェイズ・オープン
2位: ボルボ・PGA・チャンピオンシップ
2位T: ダンヒル・チャンピオンシップ
3位T: BMWアジアン・オープン
9位T: WGC-NECインビテーショナル
11位T: BMWインターナショナル・オープン
22位T: ジョニー・ウォーカー・クラシック
24位T: ダンヒル・リンクス・チャンピオンシップ
26位T: オメガ・ヨーロピアン・マスターズ
28位T: ドバイ・デザート・クラシック
31位T: ボルボ・マスターズ・アンダルシア
33位T: WGC-アクセンチュア・マッチプレー・チャンピオンシップス
53位T: 全英オープン

2003年の主な成績
  USPGAツアー
17位T: シェル・ヒューストン・オープン
27位T: MCIヘリテージ
48位T: 全米プロ

南アフリカツアー
優勝: ディメンション・データ・プロアマ
1位: 2002/2003 賞金ランキング

日本での主な成績
 
18位T: 2003年 ダンロップ・フェニックス
15位T: 2002年 カシオワールドオープン

その他
 
1998年: 世界アマチュアチーム選手権の南アフリカ代表選手
1994年〜1998年: 南アフリカ ナショナル・チームメンバー
First of all, thank you very much for inviting me to your great tournament.
I am very excited to come back to Japan. Japan is one of my favourite countries. I love Japanese people - they are so nice and kind. I also love Japanese food. 
I am really looking forward to playing the Chunichi Crowns, and I will do my best.

まず初めに、この素晴らしいトーナメントに招待頂いたことに感謝致します。
日本でまたプレーできることを大変楽しみにしております。
日本は私の大好きな国の一つで、皆さんに親切にもてなされ、また日本食も大好きです。
中日クラウンズでプレーすることを期待しており、ベストをつくします。

ニック・ドハティ
Nick Dougherty(ニック・ドハティ)
  メジャー6勝を誇るニック・ファルドより「リトル・ニック」と称される若手有望株!!

1982年5月24日(21歳)身長185cm 体重85kg
国籍・イングランド 出身地・リバプール・イングランド
主参戦ツアー・ヨーロピアン・ツアー 2001年プロ転向

優勝歴
  アマチュア時代
2001年 ウォーカー・カップ
オーストラリアン・インターナショナル・アマチュア・チャンピオンシップ
2000年 ポロ・ゴルフ・クラシック・ストローク・プレー・チャンピオンシップ(USA)
ガテマラ・オープン・アマチュア・チャンピオンシップ
1999年 ヨーロピアン・アンダー21チャンピオンシップ
ワールド・ボーイズ・チーム・チャンピオンシップ(日本開催)
ポロ・クラシック・アンダー19チャンピオンシップ(USA)
1998年 グレート・ブリテン&アイルランド・アンダー20
ワールド・ボーイズ・チーム・チャンピオンシップ(日本開催)
1997年 キヤノン・UK・チャンピオンシップ
イングランド・スクールボーイズ・チャンピオン

ワールドゴルフランキング
  291位(2004年2月27日現在)

賞金ランキング
  ヨーロピアン・ツアー
  2003年  60位  385,077euro
  2002年  36位 562,509euro
  2001年  155位  71,280euro

2004年の主な成績と賞金ランキング
  ヨーロピアン・ツアー
32位T: ハイネケン・クラシック
54位T: ダンヒル・チャンピオンシップ
78位: ANZ・チャンピオンシップ

賞金ランキング 96位: 11,212 euro (2004年2月27日現在)

2003年の主な成績
  ヨーロピアン・ツアー
2位: スカンジナビア・マスターズ
16位T: ANZ・チャンピオンシップ
20位T: ドバイ・デザート・クラシック
24位T: カタール・マスターズ
28位T: 南アフリカン・エアウェイズ・オープン
31位T: ウェルズ・オープン
35位T: ダンヒル・リンクス・チャンピオンシップ
38位T: ジョニー・ウォーカー・クラシック

2002年の主な成績
  ヨーロピアン・ツアー
2位T: カタール・マスターズ
3位T: リンデ・ジャーマン・マスターズ
8位T: ジョニー・ウォーカー・クラシック
14位T: ANZ・チャンピオンシップ
16位T: コンパス・グループ・イングリッシュ・オープン
19位T: ボルボ・PGA・チャンピオンシップ

その他
 
2002年: ヨーロピアン・ツアー
ルーキー・オブ・ザ・イヤー受賞
2000年: セント・アンドリューズ・トロフィ受賞
(*グレート・ブリテン&アイルランド 対 ヨーロッパのチーム戦勝者に贈られる賞)

メジャー6勝を誇るニック・ファルドより「リトル・ニック」と称され、その才能を認められる若手有望者。
  現在は、2000年ヨーロピアン・ツアー賞金王のリー・ウェストウッドや、ワールドゴルフランキング12位のダレン・クラークのコーチであったピート・コーアンの指導を受けている。

プレースタイル
  持ち味は常にアグレッシブで、アマチュア時代から豪快なゴルフをしているが、未だ荒削りな部分がある。しかし、ニック・ファルドがその才能を認めているように、安定感のあるドライバーショットと正確性の高いアイアンショットが徐々にスコアにつながりつつある将来有望の選手。

2001年ウォーカー・カップ
(*アマチュアによるライダーカップ)代表メンバーで勝利

過去の主なヨーロピアン・ツアー ルーキー・オブ・ザ・イヤー
 
1986年: ホセ・マリア・オラサバル
1988年: コリン・モントゴメリー
1996年: トーマス・ビヨーン
1999年: セルヒオ・ガルシア
It is great to be back. I missed the Japanese people and culture because I have played and won a couple of amateur events in Japan.
Thank you for giving me an opportunity to be back to participate in the 45th Chunichi Crowns, it is such an honor to compete Japanese players at the prestigious and historic event.
I promise I will do my best to show my golf game, and really appreciate all your support.

日本に再び行くことができ、また日本の人々や文化にふれることや過去アマチュアのイベントで優勝できたこともあるので、非常に楽しみにしています。
45回目を迎える権威と伝統を兼ね備えた中日クラウンズでプレーできるチャンスを頂いたことに感謝するとともに、日本の選手と競い合えることを光栄に思います。
トーナメントでは自分として最善のゴルフをお見せることを約束いたします。皆様のサポートに感謝いたします。



第45回大会トップページへ