第43回 中日クラウンズ
 
ラウンド後の各選手のコメント(決勝1日目)
 
(手嶋多一 −6)
予選ラウンドで3オーバーだった(自分として)鬼門ホールの13,14,15を1アンダーで通過できたことが大きかった。 あとのバーディはおまけかな。 ショット、パットともに昨日の方がよかった。 今日はラッキーだったと思う。 1m以内のパットが3ホールあったからね。 昨日までなかったよ。 風が今日はなかったし、雨でグリーンが昨日より重たかったので、(パッティングで)強めに打つ自分はパターがよく入っている。 1日は大きいスコアが出るけど、続けてはなかなか・・・ 最終日は(トータルスコア)2ケタを目指してがんばります。

(宮里優作 −9)
雨の中、風もあって大変でした。 上(J.ローズ)がスコアを伸ばしているので、自分もくらいついていきたいと思ってました。 アイアンの距離感も、今日は戻ってきました。 もちろん、トップのJ.ローズと同じ21歳ということは意識しています。 自分としても、同世代にすばらしい選手がいることは刺激になります。 トップと4打差というのは確かに厳しいです。 しかし、アマで優勝しても賞金がないので、明日はプロより楽にプレーできます。 チャンスはあると思うので、優勝目指して頑張ります。

(ディーン・ウィルソン −7)
ショットがぶれてゴルフがよくない。 ティショットが左に引っかけ気味になり、フェアウェイをキープできたのは8番が最初で、5ホールだけ。1パットパーが5ホールあり、パットでスコアをまとめている。先週優勝したので、周りからみると(ゴルフが)いいみたいに思われるかもしれないが。自分としては思うようなショットが打てていない。練習場で(いいショットの)ポイントを見つけるためにこれから練習するよ。明日は優勝争いを考えずに、自分のゴルフに集中しプレーをしたい。

(ジャスティン・ローズ −13)
Q.本日のプレーの感想は?
A.スコアを意識せず、気持ちを持続する事ができた。
Q.雨の中パーフェクトなゴルフでしたね?
A.決して自分のゴルフはパーフェクトではない。ミスショットのリカバリーがうまく出来た結果だと思う。雨の日はリズムを崩しやすいがリズムを崩す事なく集中出来た。
Q.同じ21歳の宮里選手について
A.昨年、三井住友ビザ太平洋マスターズでプレーを共にした。プロアマ関係なく共にトロフィーをめざしていきたい。
Q.目標は?
A.ヨーロッパランキング15位以内、ワールドランキング50位以内です。

(桑原克典 −7)
3番のダブルボギーは、ショックはショックだけど、全体的にショットの内容は良く、パットもまずまず。自分の流れを作るのに8番、9番のバーディーはすごく良かった。13番は、自分のキーホールと思っているので、ここでバーディーを取れて満足。17番は、やっぱりちょっと意識したけれど・・・車をもう一台なんて思っちゃって。今日は、自分のプレーにすごく集中できた。 ローズが、これだけ飛ばしているので、きーはやっぱり前半。何とかローズについていって、後半良い位置にいたら色気も出るし、一プレーヤーとして負けたくない。地元で名古屋の中日クラウンズということも意識する。スキあらばという感じで頑張りたい。



第43回大会トップページへ