第43回 中日クラウンズ
 
ラウンド後の各選手のコメント(予選1日目)
 
(ジャスティン・ローズ −6)
ボードの一番上に自分の名前があるのは気分がよい。 ドライバーが好調でフェアウェイをキープすることができた。スイングリズムを重視した。 ラフは難しいが、今日はラフからうまく打てた。 プロになって練習量が増え、技術的に向上している。特にドライバーを集中して練習しているが、去年初め頃から腰の開きの早いのがなくなり、ボールを体の前でとらえられるようになった。

(尾崎将司 −5)
今日は、まずまずの出来だった。グリップを入れ替え、自信満々とは行かないが、アイアンがよ良く切れて(フェードで)グリーンを外す事は無かった。しかしその分ドライバーの捕まりが悪い様だ。パットでは、グリーンがウェットな為、(スピードが出ない)打って行ける。しかし17番18番ではおしいパットを逃してしまった。クラウンズ6勝へ向けての挑戦は、過去のデータは全く気にしていない。ただここは(和合)好きなコースだと言う事だ。 今の所、ギャラリーを意識したプレーが出来ていないが明日は、自信を持ってギャラリーに観せる良いプレーをしたい。

(宮里優作 −3)
前半は星野プロと競り合った形でプレーができ良かったんだが・・・ショットはイメージ通りに打てるようになってきて、だいぶん良くなってきた。 何回もボギーを打ちかけたけど、ノーボギーでよく耐えた。 もう一つくらいバーディがほしかった。 和合のグリーンは堅く早いイメージが頭にあるが、今日は柔らかく重たかって、パターが打ち切れていなかった。 考えすぎると慎重になりすぎ(パターが)入らないので基本に徹して、明日がんばります。

(アーロン・バデリー +1)
ティショット(ドライバー)は良いポジションにつけて距離も出ていたが、アイアンの距離感がつかめなかった。 7番はセカンド205ヤードを6Iでグリーン奥へオーバー。 10番もグリーン奥へ。 何ホールかはパッティングでパーセーブできたが、グリーンのラインを読むのも苦労して、今日は疲れた。 ティーショットがいいだけに、アイアンの感じが良くなれば、明日は巻き返せると思う。

(堺谷和将 −6)
今日の内容は完璧、アイアンはほぼ狙い通り、ティーショットも曲がらない。 重いスーツケースを抱え、電車の乗り継ぎを繰り返したことが原因だと思うが、右手人差し指(関節部分)が痛み、力が入らない。逆に、そのことが良いスイングにつながっていると思うし、まず痛みを意識するので、プレッシャー、欲など余計なことを考えないで済む。治りそうになったら、わざとぶつけてケガしちゃおうかな。 グリーンが水を含んでいるので、ボールがよく止まる。今日は、和合としては優しい。明日以降は、かなり固くなると思うので、今日の貯金が生きてくる。優勝を狙っていきたい。

(白 佳和 −5)
ショット、パッティング共に練習ラウンドから調子良く、そのまま本番を迎えられ満足なゴルフだった。前半5番までバーディが取れそうなパットが多かったが、思い通り打っていたが芝の目を気にしすぎてラインに乗らなかった。6番で傾斜だけを考えてパッティングするようにしたら、バーディが取れ、緊張が解けた。14番のボギーは、ティーショットが右の林の中に入り、3Iで出すだけでナイスリカバリー。(このホールを)ボギーで抑えられたのが、次のホールにつながり良い結果が得られた。早いスタートで、風がなかったのも良かった。途中でリーディングボード(トップの位置を確認)を見たが実感がなく、まだスタートしていない実力のある選手が大勢後ろにいるので、気にはしなかった。 まだ初日で、和合は難しいので明日からどうなるか・・・

(井戸木 鴻樹 −5)
8番のセカンドで左バンカーに入れ、パーセーブしたことで気が楽になった。16番セカンド86ヤードをSWで10cm。入ってほしかったね。アイアンが良く、和合の難しいショートホールをすべてパーオン。ほかにも(バーディ)チャンスがあったが、良くパターが入った。 先週からパッティングが良くなってきた。特にミドルパットで集中できている。(自分は)距離もそんなに飛ばないし、曲がるし、勝負できるのはパターしかない。気持ちを前向きに持って、中途半端な気持ちで打たないように心がけている。 初日、いいスタートが切れたが、和合は崩れ出すと止めどがなく、(5アンダーは)ちょうど良い貯金になった。



第43回大会トップページへ