オープニング

パーソナリティ: 森合康行・加藤由香(CBCアナウンサー)
レポーター: 澤朋宏(CBCアナウンサー)
内容
取材中にであった岩手県大船渡高校2年生の寺本さやかさんが、自分の体験をぜひ、聞いて欲しい!と、震災の体験をはなしてくれました。
彼女は、その時、陸前高田市から、大船渡にむかう沿岸部を走る電車にのっていました。その体験談、お聞きください!
音声を聴く

ページトップへ


復興の現状 鉄道とこどもたち

内容
通学の現状を語る大船渡高校生
三陸鉄道盛駅、「ふれあい待合室」室長 熊谷満恵さん
津波の影響で、鉄道も大きな被害をうけました。
その一つ、太平洋沿岸部を走るJR東日本の大船渡線も壊滅的な被害をうけました。
大船渡市の大船渡高校は、電車通学の生徒が全体の3割。
鉄道の時は、1時間に1本、早朝から夜間まであった鉄道が、現在、高校生が利用できる振替バスは、朝と、夕方の2本の便しかありません。
高校生の生活も一変しています。こどもたちに話を聞きました。
音声を聴く

ページトップへ


こども復興会議

内容
こども復興会議の様子 大船渡市役所広報だより より
岩手県大船渡市で、昨年9月、こども復興会議が開かれました。
こども復興会議とは、市の復興計画をたてる上で、こどもたちの提案も反映しようというもの。今回、会議を開催した、大船渡市役所と、その会議に出席した大船渡第一中学校のこどもたちを取材しました。
こどもたちから、どんな提案があったのか?お聞きください!
音声を聴く

ページトップへ


絵本をこどもたちに

内容
CBCラヴァースの絵本読み聞かせ会
当日、リスナーの皆様から、
800冊の絵本の寄贈がありました。
現地で絵本を届ける「横田や」店主 横田重俊さん
宮城県石巻市立鹿妻保育所 所長 阿部たかこさん
今回、番組と連動して、CBCラヴァースで『被災地のこどもたちに絵本を贈ろう!』イベントを開催、アナウンサーによる読み聞かせ会や、被災地に送る絵本の受付を行いました。そして、被災地のこどもたちにとって絵本がどんな存在なのか、現地取材もおこないました。こどもたちにとって、絵本は宝物でした。
音声を聴く

ページトップへ


桜ライン311 陸前高田に桜のラインを!

内容
桜ライン311の植樹の様子
津波で2千人の命が奪われた陸前高田市で、桜の木を植えて津波到達地点を結ぼうという「桜ライン311」というプロジェクトがあります。
「桜ライン311事務局」。事務局のメンバーで、震災前は、牡蠣の養殖業の会社を経営し、3人のこどもがいる佐藤一男さんに、植樹した桜に案内してもらいました。
音声を聴く

ページトップへ


愛知県に避難した親子たち

内容
ふるさと大交流会の様子 2月25日
2月25日、名古屋市中区のアイリス愛知で、「ふるさと大交流会」が開かれました。
愛知県内に避難してきた岩手、宮城、福島、北関東の被災者を愛知県被災者支援センターが招待したもので、当日はあいにくの雨でしたが、160名あまりが参加し、昼食会を楽しんでいました。
今回、その会に参加した被災者の方に、現状について伺いました。
名古屋に避難してきた親子のみなさんにお話を伺いました。
音声を聴く

ページトップへ


福島復興の象徴!フラガール

内容
スパリゾートハワイアンズのフラガールショー
フラガールの新人さんたち。右が鈴木はるなさん
福島県の復興の象徴!いわき市のスパリゾートハワイアンズスパリゾートハワイアンズは、東日本大震災で被災し、震災から11カ月たった先月、2月8日。新ホテルも登場して、全館で営業を再開しました。
フラガールの中には、今年デビューした新人さんもいます。
スパリゾートハワイアンズの人たちに、復興の思いを聞きました。
音声を聴く

ページトップへ


放射線になんか、まけないぞ!

内容
福島県郡山市 赤木小学校 坂内智之先生
小学4年生の放射線の授業。
こどもたちが放射性物質が木にとりこまれる仕組みを
ホワイトボードにかきながら考えています。
福島県郡山市の小学校の先生が、こどもたちと放射線の勉強をしようと絵本をつくりました。絵本の名前は「放射線になんか、まけないぞ!」
本を作ったのは、郡山市立赤木小学校4年2組を担任する坂内智之先生。
お伺いした日も、小学年生のこどもたちに、放射線の授業をしていました。
先生の授業を受けたこどもたちは、伝えたいことがるあると、マイクの前に集まってくれました。
音声を聴く

ページトップへ


生まれくる命

内容
宮城県七ケ浜町の仮設住宅集会所での、
お母さんたちへのインタビュー
東日本大震災は、死者、行方不明者1万9千人を超える惨事となりました。
しかし、この1年、被災地で誕生した命も数多くあります
番組では、この1年で、赤ちゃんを産んだたくさんのお母さんのお話を伺いました。その中から、新米ママになった、2人のお母さんのお話をご紹介します。
当時、赤ちゃんを産んだばかりで宮城県気仙沼市の病院で被災した西村理恵さん
(22)と、結婚14年目に恵まれた赤ちゃんを身ごもっていた宮城県七ケ浜町の引地美華さん(43)。
お二人のお話お聞き下さい。
音声を聴く

ページトップへ