キユーピーラジオクッキング

このラジオクッキングは、宮本和秀先生が一週間単位でテーマをもうけ、毎日一品づつ、作り方と料理のポイントをアドバイス。

9月4日(月) *塩焼きさんまのおろしあんかけ
大根1/3本はおろしてザルにあけます。みょうが1本、青じそ3枚、細ねぎ3本はみじん切り、しょうが1かけはおろします。鍋に出し汁1/2カップとみりん小さじ2、しょうゆ大さじ1、おろし大根を入れて火にかけて、煮立ったら片栗粉の水溶きでトロミをつけます。薬味を加えてひと煮します。
さんまに塩少々をまぶしてグリルなどで焼いて器に盛って、おろしあんをかけていただきます。
9月5日(火)  *さんまの梅煮
さんま3尾は頭と内臓を取って水洗いして4つに切ります。フライパンに水2カップ、酒大さじ3、砂糖大さじ1、みりん大さじ2、醤油大さじ2を入れて火にかけ、煮立ち際にさんまを並べます。梅干し大2個をほぐして種ごと入れて、紙蓋をして中火で10分ほど煮ます。
9月6日(水) *さんまの鍋照り焼き
さんま3尾は頭と内臓を取って水洗いして水気をふいてから4つに切ります。
フライパンに油を熱し、さんまに小麦粉をまぶしながら入れて両面を焼いて火を通します。(酒大さじ3、みりん大さじ3、水大さじ2、醤油大さじ3)を混ぜ合わせて加え、照り良くからめます。
9月7日(木) *さんまのから揚げ
さんま3尾は頭と内臓を取って水洗いして4〜6つに切ります。ボウルに入れて酒大さじ2、醤油大さじ1、塩少々、こしょう少々、砂糖小さじ2、ごま油小さじ2を加えてからめ、冷蔵庫に20分置きます。ボウルの汁気を捨てて、卵1個を混ぜ合わせて片栗粉を加えて手で混ぜて、ドロッとした衣に調整します。揚げ油を175度に熱して7〜8分揚げます。
9月8日(金) *さんまご飯
米2合は洗ってザルに上げます。炊飯器の内釜に米を入れて酒大さじ2、醤油大さじ1、塩小さじ1を加えて目盛りに合わせてだし汁を注ぎます。よく混ぜてショウガの細切りをちらしたらスイッチを入れて炊きます。さんま2尾は塩焼きにして身をほぐします。
炊けたご飯に混ぜます。