キユーピーラジオクッキング

このラジオクッキングは、宮本和秀先生が一週間単位でテーマをもうけ、毎日一品づつ、作り方と料理のポイントをアドバイス。

6月26日(月)〜6月30日(金)
梅干しを使って
6月26日(月) *味梅
梅干し大20個は水に浸して、1時間ほど置いて、軽く塩抜きをします。水気をふいて種を取り出して、種の周りについた梅肉もスプーンなどでこすり取ります。包丁で叩いて滑らかにして鍋に入れ、みりん大さじ3、酒大さじ2、砂糖大さじ2を加えて火にかけ、木しゃもじで練りながらぼってりするほどに練り上げます。粗熱がとれたら密閉容器に移して、冷蔵庫に保存します。(3週間ほどを目安に)
スティック野菜のディップソース、炊き立てのご飯にのせたり、おにぎりの具などに利用できます。
6月27日(火) *いわしの梅煮
いわし8尾は頭と内臓を取ってきれいに水洗いして、ペーパータオルで水気を押さえます。フライパンに水2カップと酒大さじ3、みりん大さじ2、砂糖大さじ1、醤油大さじ1を入れて火にかけます。煮立ち際にいわしを並べて、梅干し大2個を粗くほぐして種と一緒に入れます。紙蓋をして、中火弱で15分ほど煮ます。味を見てから薄いようなら醤油適量を加えて味を調えます。
6月28日(水) *梅じそ焼き飯
ご飯(茶碗5杯分)は、ほんのり温かいものを用意してボールに入れ、梅干し1個を刻んで混ぜます。青じそ8枚は粗いみじん切りにします。卵2個はよく溶いておきます。フライパンを火にかけて油大さじ3を入れ、卵とご飯を入れて手早く炒めます。
ご飯を練らないように炒めて、青じそ、ちりめんじゃこ30g、刻みごま大さじ1を入れて、塩、酒、醤油各適量で味を調えます。梅干し1個を細かくほぐして加え、軽く混ぜながらひと炒めします。
6月29日(木) *梅風味のシャキッとロールカツ
豚もも肉薄切り300gは、3枚を少しずらすように重ねて広げます。梅干し大3個を包丁で叩いて豚肉に薄くぬり広げます。青じそ2枚ずつをのせて、長芋(3cm長さで1cm角)をのせて、クルクル巻いて形を整えます。小麦粉、溶き卵、パン粉をまぶして、175度の油で7分ほど揚げます。
6月30日(金) *梅クッキー
梅干し2個は包丁で叩きます。(約大さじ2杯分)。ボウルに砂糖50g、牛乳大さじ3を入れてよく混ぜます。別のボールにバター(食塩不使用)100gと薄力粉200g、ベーキングパウダー小さじ1を入れて、指先で細かくもみほぐし、砂糖のボウルに入れて、梅を加えて木しゃもじでまとめるように混ぜます。打ち粉をした台の上で軽く転がすようにして生地の表面の粘りを押さえます。天板に3cm大に丸めて並べ、175度のオーブンで13分程焼きます。完全に冷ましていただきます。