7月11日水曜日 ラジオネーム:ゆみさん より。(抜粋)
 
わたしの住む自治体では、700円の自己負担でマンモグラフィ検診が受けられます。
わたしは5年前から毎年乳がん検診を受けていますが、当初は触診だけでした。
3年前、マンモを初めて受けた時は若い男性技師で何度もすいません、すいませんと言いながら遠慮がちにされるのでかえってこちらの方が申し訳ないような気分でした。
その後は女性の技師さんで遠慮のない分、手早く済んだような気がします。
先日、今年の検診を予約しに行くと9月末までもういっぱいとのこと。
受診者がずいぶん増えたと受付の方がおっしゃってました。
これまでは予約しに行くと1〜2週間の内に取れましたので、本当にびっくりしました。
以前、短大時代の友人10人集まったら2人が乳がん経験者で、やはり40代での発病でした。幸い2人とも回復はしてますが、手術のダメージは大きく『洋服が傾いちゃう』と言っていました。
マンモの受診率がアメリカ並みの80%以上になるよう、このキャンペーンを続けていってください。

“ピンクリボン”は“乳がんの早期発見・早期治療を呼びかける行動”のシンボルマークです。