5月30日水曜日 ラジオネーム:てんとう虫さん より。(抜粋)
 
乳がん・・・どんながんでも早期発見が大切と言われるのにどうして検診に行かないのと思います。
自分のために、いや、家族に悲しい思いをさせないように絶対に行くべきです。
『あの時に行けば』となっても、どうしようもない人もいます。
多少は痛いかもしれません。でも、自分ためです。
私も検査に行っている一人です。
行かない人は、忙しい、はずかしいのでしょうか。
そんな理由では絶対によくありません。
以前、私は看護師をしていました。先生は言っていました。
はずかしいと思う方、そんな気持ちは持たないで、と。
診察する者として、一人でも多くの方に安心して欲しいから、がんになる前に自分の健康をきちんと守って欲しいから、そういう思いで仕事をしているのだ、とも。
マンモグラフィの技師さんは、女性が多いです。
それだけ病院側も気を使っています。
又、行こうとする病院に女性の技師さんが担当してくれるのか電話などで聞くのも良いです。
医師は仕事です。はずかしいと思わないでください。
市や会社の健康診断だけでなくやはり自分からいつでも行って欲しいと思います。

“ピンクリボン”は“乳がんの早期発見・早期治療を呼びかける行動”のシンボルマークです。