5月9日水曜日 匿名希望の男性より。(抜粋)
 
(1)松阪市 47歳の男性。
  私の知人の奥さんも、39才の若さで、小さいお子様を残して
  乳がんで亡くなられました。とても他人事と思えません。
  私の妻も42歳です。

(2)江南市 45歳の男性。
  乳がん検診の重要性、そして、乳がんにかかる人の多さを
  知りました。
  今年は、ぜひ、妻に乳がん検診(マンモグラフィー)を受けさせようと
  思います。

(3)小牧市 44歳の男性。
  早速、妻(43歳)に検診に行くよう薦めたところ、
  本人も『今年は検診に行く』と言ってくれた事に少し安心しました。

“ピンクリボン”は“乳がんの早期発見・早期治療を呼びかける行動”のシンボルマークです。