4月25日水曜日 『もしかして、乳がん・・・?!』
こんな時、何科を受診しますか?!
 
 乳がんの早期発見には、自己検診を含め定期的な検診が欠かせませんが、もし、今“何となく乳房に気になる症状がある”なら、迷わず“次の検診”を待たずに、即、お医者様を訪ねてください!
 とはいえ、いったい何科にかかれば良いんでしょうか?!
 内科?婦人科?正解は・・・
『日本では、婦人科の先生も携わっていますが、数は多くありません。
乳がんの手術は、昔から外科がやっているので基本的には外科なんです。
でも、最近は“乳腺科”や“乳腺外科”の先生がいる病院も増えているので、事前に、調べて行くと良いですね。』(中日病院森田孝子先生)
 今の日本の法律では“内科”や“皮膚科”“産婦人科”のように“乳腺科”を標榜することは出来ないシステムですが、各々の病院に、直接、電話などで問い合わせをすれば、専門の先生がいるかどうか教えてもらえるはずです。あるいは『日本乳癌学会』(http:www.jbcs.gr.jp/)のHPにも、全国の乳腺専門医や病院名がリストアップされていますので、参考にしてみてください!
 今、気になる症状がある方!それが、少しでも早い発見のチャンスかもしれませんよ!
“ピンクリボン”は“乳がんの早期発見・早期治療を呼びかける行動”のシンボルマークです。