9月24日水曜日
ラジオネーム: 高浜市 36歳の女性
小牧市 50歳の女性 より。(抜粋)
 
(1) 高浜市 36歳の女性
主人が大腸のポリープ発見でがんについて考えるように。
大事にはいたらず安心しましたが、これからの検診は今まで以上に気を配りたいと家族で話し合いました。
   
(2) 小牧市 50歳の女性
私の母は血液のがんで亡くなりました。
それが母は毎年健康診断を受けていてまったくの健康体だったのですが病気が発症してから亡くなるまであっという間で前回の健康診断の時は全く異常がなかったのにと私はそれがショックでそれから検診らしい検診を受けていませんでした。
でもこの番組を聞くようになって私も50才と節目の年齢だと思い先日久し振りに検診受けてきました。
マンモグラフィーも思っていたより痛くなくお蔭様でこれといった異常も見当たらずホッとしました。
やはりこれからは毎年健康診断は受けなくては行けないと感じました。