8時5分から50分まで

 
 
12月17日金曜日
2010年12月17日〜年末恒例!
がんちゃんのちょっと気の利いたお節料理
「夫婦うさぎ」「黒豆きんとん」「たつくり昆布巻き」「あけぼの数の子」
 
◆夫婦うさぎ
(子孫繁栄を願う)

<材料4人分>  
固ゆで玉子 4個
少々
マヨネーズ 少々
プロセスチーズ 4枚
難転の葉(緑) 4枚
難転の葉(赤) 4枚
食紅 少々

<作り方>
(1)  固ゆで玉子は、殻をむき、切り落とし安定をよくします。
(2) 

プロセスチーズを台座にしマヨネーズを絞り、(1)をのせ難転の葉をあしらいます。

   
◆黒豆きんとん

<材料4人分>  
黒大豆(茹で) 50g
   
百合根(100g) 2個
100ml
砂糖 60g
小さじ1/3
難転の葉 4枚 

<作り方>
(1)  黒大豆は、軟らかくゆで、そのまま冷まします。
(2)  百合根は、かき百合根にし、蒸すか茹で裏ごし(A)のガムシロップでにてきんとんにします。
(3)  (2)で(1)を和えます。
(4)  器に難転の葉を改敷にして(3)を盛り付けます。
   
* 黒豆は、新年の三種肴の一つで健康を願い年神様にお供えするものです。
* 財産が貯まるようにとの願いを表し、縁起のよい福食です
   

◆タツクリ昆布巻き

<材料4人分>  
昆布 30g
かんぴょう 20g
タツクリ 20g
ごぼう 1本
A 100ml
昆布のつけ汁 6カップ
大さじ1
   
B 200ml
砂糖 大さじ6
しょうゆ 大さじ3

<作り方>
(1)  昆布は水につけて戻します。
(2)  かんぴょうは、水にもどします。
(3)  タツクリは、160度のオーブンで10分焼きます。
(4)  ごぼうは、縦4っ割りしゆでます。
(5) 

(1)に(3)(4)を心にし、巻きかんぴょうで結わえます。

 

 

(6) 

(A)で(5)の昆布巻きを軟らかくなるまでゆで(B)で味をつけます。

 

 

* こんぶは、広布とも言い、名を広める子生婦とも書きます。
* たつくりは田作りと書き、五穀豊穣を願います。
   
◆あけぼの数の子

<材料4人分>  
かずのこ 8本
   
A マヨネーズ 100g
トマトケチャップ 大さじ3
タバスコ 少々
   
柚子 4個

<作り方>
(1)  かずのこは、薄い塩水につけ、塩味が少し残るように塩抜きします。
(2)  (A)を合わせオーロラソースを作ります。
(3)  (1)をペーパータオルで余分な水分をとり(2)和えます。
 

 

* 数の子は、二親の子とも書き、健全な子が沢山授かりますよう願うものです。
* 柚子は、子孫に代を譲る意味で、家運隆盛を願うものです。