キユーピーラジオクッキング

このラジオクッキングは、宮本和秀先生が一週間単位でテーマをもうけ、毎日一品づつ、作り方と料理のポイントをアドバイス。

4月16日(月) *サンドイッチのチーズ焼き
食パンにマヨネーズをぬってロースハムをのせて、もう一枚の食パンを重ねてハムサンドを作ります。トマトケチャップ適量を絞りかけてスライスチーズをのせてオーブントースターでこんがり焼きます。
4月17日(火) *ポテトとツナのオーブン焼き
じゃがいも4個は皮をむいて乱切りにして柔らかくゆでます。ボウルに入れて、ライトツナ1袋とパセリのみじん切りを混ぜ合わせて、卵1個、牛乳1カップ、塩、こしょうを混ぜて耐熱容器に広げます。ナチュラルチーズをちらして180度のオーブンで15分分ほどかけてこんがり焼きます。
4月18日(水) *春巻きのチーズ包み焼き
春巻きの皮は1枚を4つに切ります。皮の手前にナチュラルチーズ適量をのせ、マヨネーズを絞って2つに柏折りにします。オーブントースターに入れて1〜2分ほどで焼き色がついたら出来上がりです。トロリと溶けたチーズとパリッとした春巻きの皮が美味しい。ツナやアンチョビーやハムなどを一緒に巻いても美味しい。
4月19日(木) *オニオングラタンスープ
玉ねぎ2個は薄切りにします。鍋に油大さじ1を熱し玉ねぎを入れて細火で10分ほど混ぜながら炒めます。水4カップと固形スープ1個を入れて蓋をして細火で30分ほど煮ます。塩とこしょうで薄めに味を調えて耐熱のカップに分け、バゲットを1cm厚さに切ってのせます。チーズを散らして200度のオーブンに入れてこんがり焼きます。
チーズはグリュイエール、エメンタールなどを薄切りにして使うと香りよく仕上がる。
4月20日(金) *チーズフォンデュー
グリュイエールチーズ200g、エメンタールチーズ200gは薄切りにします。ホウロウまたはステンレス鍋、土鍋にチーズを入れて、白ワイン1/2カップを加えて火にかけます。木しゃもじで混ぜながらチーズを滑らかに溶かして煮立ったら弱火にします。
片栗粉小さじ2(本来はコンスターチ)を倍量の水で溶いて混ぜながら加えます。
バゲットを食べ易い大きさに切って、チーズをからめながらいただきます。
温度が下がるとチーズが硬くなります。卓上コンロにかけて煮立てないように温めながら。