CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2018/6/13 18:35

アニサキスに注意!金目鯛の刺身で男性が腹痛起こす食中毒 岐阜県大垣市

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 岐阜県大垣市のショッピングセンターで販売された刺身を食べた男性が、腹痛などの症状を訴え、検査の結果、寄生虫のアニサキスによる食中毒だったことが、分かりました。

 岐阜県によりますと、6月3日、大垣市に住む52歳の男性が、アピタ大垣店にある鮮魚丸忠で、金目鯛の刺身を購入し、自宅で食べたところ、およそ3時間後に、腹痛などの症状を訴えました。

 医療機関を受診した結果、男性の胃の中から、寄生虫のアニサキスが見つかりました。

 アニサキスは、ブラックライトを当てると光ることから、店では、販売前にこの方法で確認していましたが、見逃された可能性があるということです。

 男性は、既に回復していますが、岐阜県は、アニサキスによる食中毒と断定し、刺身を販売した店舗を、13日から営業禁止処分にしました。(13日18:35)