CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2018/6/12 18:59

米朝首脳会談 東海地方の反応は

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 史上初の米朝首脳会談を受けて、トランプ大統領が会見しました。
 主な内容を整理しましょう。
 完全な非核化を目指す。
 そして、朝鮮戦争の終結には“期待”という表現。
 「拉致問題について議題にしたと語りました。
 この地方の人たちは、どのように見ていたのでしょうか。

 名古屋駅では、新聞の号外が配られ、足を止めて記事を読む人の姿が多く見られました。

 「互いにパフォーマンスでやっている部分も多いので、どこまで本意でやっているかは、疑問」(50代会社員)
 「(平和への)入口になればいい。拉致された方々、早く返してほしい。日本は、そこ1歩、踏みこんでほしいと思う」(70代主婦)

 一方、名古屋駅の近くにある創業70年の韓国食材店。
 経営者である在日韓国人2世の成基龍(ソン・キヨン)さんは…。
 「(会談は)嬉しいし、びっくりした。自分の本国が幸せになって平和になれば、そこへ行きたい。北朝鮮に行ったことがないから、自由に往来できるようになれば、自分の母国が平和になることをみんな望んでいる。」(成基龍さん)

 この地方の自治体トップからも期待の声が。

 「歴史的なこと。日本にとっても、ものすごく影響が大きい」(名古屋市 河村たかし市長)

 大村知事「朝鮮半島の非核化(が焦点)、12日一発勝負で決めていただけるのではないか」(愛知県 大村秀章知事)

 「日本人拉致問題の解決の方向が見えてくることを期待したい」(岐阜県 古田肇知事)

 三重県の鈴木知事は、会談を評価する一方、今後の北朝鮮の動きを見極めたいと話しました。

 「核、ミサイル、拉致の解決につながる具体的な行動を、北朝鮮がしっかり歩み出すかどうかがポイント」(三重県 鈴木英敬知事)(12日18:55)