CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2018/6/12 12:09

米朝首脳会談受けて・・・東海地方でも「関心」と「期待」がひろがる

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 現在、シンガポールで米朝首脳会談が行われています。
 この地方の人たちは、どのように見ているのでしょうか?

 (日本時間の)午前10時に始まった米朝首脳会談。
 名古屋の街の人たちも、歴史的な会談に関心を寄せています。

 「今回会談が行われるということで、何か進ちょくがあればと思う」
 「アメリカがうまくやってくれて、日本の拉致問題が解決できれば」
 「トランプさんのショーのように見える。中間選挙を控えているから・・・」(街の人は)

 また午前11時半ごろ、名古屋駅では、米朝首脳会談を伝える号外が配られ、足を止めて記事を読む人の姿が見られました。

 一方、三重県伊勢市では、平和を願い、核兵器の廃絶を訴える行進が行われています。

 参加したおよそ100人の市民らは、横断幕や旗を持ち、伊勢市を午前9時に出発、8時間をかけて(三重県)松阪市まで、平和への願いを込めて歩きます。

 「朝鮮半島の非核化に向かって、この会談(米朝首脳会談)が成功するように。」
 「(会談で)拉致問題が取り上げられて、家族の方が待っているので、帰って来てくれればいい」(参加者)

 米朝首脳会談に、愛知県の大村知事は。
 「非核化が一番の焦点。(北朝鮮には)騙され、裏切られてきた。今度こそないように」(愛知県 大村秀章知事)

 大村知事は、非核化を求めるトランプ大統領について、「一発勝負で決めて頂けるのではないか」と期待を示しました。

 河村市長も。
 「歴史的なこと。日本にとって、ものすごく影響大きい」(名古屋市 河村たかし市長)

 2人とも、「拉致問題の解決に向けた大きな一歩を踏み出してほしい」と話しています。(12日11:58)