CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2018/5/14 18:42

部屋着姿で財布には現金‥車内で死亡の男性 顔見知りの犯行か 鈴鹿市

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 三重県鈴鹿市で、車の中から首に延長コードが巻き付いた男性の遺体が見つかり、警察は何者かに殺害された可能性が高いとみて捜査を始めました。

 「横山さんは、あちら自宅の前に置かれているブルーシートのかかった車の後部座席で亡くなっているのが見つかりました」
  (竹内記者)

 警察によりますと、13日午前6時ごろ、鈴鹿市稲生塩屋で住宅の駐車場に停めてあった軽ワゴン車の中で、この家に住む解体作業員 横山麗輝さん(25)が、首に電気の延長コードを巻き付けた状態で死亡しているのが見つかりました。

 当時、45歳の妻は外出中で、横山さんと連絡が取れなかったため、別の場所に住む息子に探すよう頼み、息子が横山さんを発見したということです。

 司法解剖の結果、死因は首のあたりを圧迫されたことによる窒息死で、首に抵抗したような傷痕もありました。

 横山さんは、発見当時、部屋着姿で玄関の鍵があいていたうえ、財布にも現金が残っていたことなどから、警察は、顔見知りによる犯行の可能性が高いとみて、殺人事件として捜査しています。(14日18:42)