CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2018/1/12 10:23

岐阜市の歯科医殺人で起訴内容を一部否認

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 去年、岐阜市の歯科医院の院長が殺害された事件の初公判で、被告の男は起訴内容を一部否認しました。

 起訴状などによりますと、岐阜市の無職長濱伸幸被告(59)は、去年1月、通っていた歯科医院の院長 渕野太賀臣さん(当時50)を包丁で刺して殺害した罪などに問われています。

 岐阜地裁で、11日、開かれた裁判員裁判の初公判で、長濱被告は「殺すつもりで刺したのではありません」などと起訴内容を一部否認しました。

 続く冒頭陳述で検察側は、「歯の治療に対する不満で金銭を要求したが、拒否されたため殺意をもって刺した」と指摘しました。

 一方、弁護側は、「被告は事件直後、『包丁を取り上げられ、刺そうとしてきたので刺してしまった』と知人に電話している」などとして、殺人罪ではなく、傷害致死罪にあたると主張しました。(11日18:33)