CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2018/1/10 18:36

豊漁を占うしめきり神事 三重・志摩市

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 三重県志摩市でしめ縄を日本刀で叩き切り、今年1年の漁業の行方を占う珍しい神事が行われました。

 これは志摩市の安乗地区で江戸時代から伝わる「しめ切り神事」と呼ばれる伝統の占い神事です。

 境内に設置した、大蛇に見立てた長さ30メートルの大しめ縄を、かみしも姿に正装した男性が、日本刀を何度も振り下ろし切断するというもので、奇数で切れれば豊漁、偶数なら不漁になると伝えられています。

 大勢の地元の人々が見守る中、10日は2度のしめ切りが行われ、結果は、1回目が39回、2回目は21回と、両方とも奇数で切断されたため、豊漁という結果に。
 人々からは大きな拍手が湧いていました。(10日18:36)