CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2017/8/14 14:11

豊橋でリハビリ中‥子象のマーラ死ぬ

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 愛知県の豊橋総合動植物公園で、両足を骨折して寝たきりになり、リハビリを続けていたアジアゾウの「マーラ」が、13日午前11時ごろ、死にました。

 アジアゾウの赤ちゃんとして、2011年に東海地方で初めて豊橋で産まれたマーラ。

 両前足の骨折で、寝たきりになりましたが、プールでのリハビリを続け、一時は水中で立てるまでに回復していました。

 豊橋総合動植物公園によりますと、マーラは、13日の午前10時からリハビリを始めた後、突然動かなくなり、午前11時ごろに死んだということです。5歳11か月でした。

 死因は、腸がねじれて血行が悪くなる「腸ねん転」とみられています。(13日17:59)