ザ・ビートルズ来日から50年 ~僕らはあの日を忘れない~CBCテレビ開局60周年記念事業 ザ・ビートルズ来日50周年記念コンサート THE TRIBUTE Supported by 名古屋トヨペット

ザ・ビートルズ来日から50年。ビートルズをリスペクトする日本のミュージシャンが名古屋に大集合!蘇る名曲の数々、感動の2日間。ビートルズよ永遠に!

2016.6.28Tue ・29Wed

公演概要

公演名
CBC テレビ開局60周年記念事業
ザ・ビートルズ 来日50周年記念コンサート
「THE TRIBUTE」Supported by 名古屋トヨペット
会場
名古屋国際会議場センチュリーホール
日程
2016年6月28日(火)、29日(水) 2日間公演
両日共に 開場 18:00 / 開演 19:00
料金
全席指定 8,600円(税込)
※3歳以下無料 (お席が必要な場合は有料)
主催
CBCテレビ
後援
ブリティッシュ・カウンシル、英国政府観光庁
企画制作
プロデュース・センター
監修
ザ・ビートルズ・クラブ
協力
CBCラジオ、ユニバーサル ミュージック
内容
28日 スキマスイッチ、Char、LOVEPSYCHEDELICO、ROY (THE BAWDIES)
29日 絢香、奥田民生、斉藤和義、トータス松本
上記出演者によるビートルズナンバーのトリビュートライブ
※出演者は予告なく変更になる可能性がございます。
※6月28日に出演予定だったTHE CAVERN CLUB BEATLESは、出演とりやめとなりました。
悪しからず、御了承ください。
なお、この件によるチケットの払い戻しはございません。

特別協賛

  • 名古屋トヨペット

チケット

6/28 当日券発売 17:30~ 会場入口にて
6/29 完売の為、当日券発売はありません。

出演者

6月28日(火)

スキマスイッチ:写真スキマスイッチ
大橋卓弥(オオハシタクヤ) [1978/5/9生まれ/AB型/愛知県東海市出身]
Vocal, Guitar, Harmonica
常田真太郎(トキタシンタロウ) [1978/2/25生まれ/O型/愛知県名古屋市出身]
Piano, Chorus, Organ, Other instruments and total sound treatment
大橋卓弥、常田真太郎のソングライター2人からなる男性ユニット。 1999年に結成、03年7月シングル「view」でメジャーデビュー2004年2ndシングル「奏(かなで)」がロングセラーとなり、 5thシングル「全力少年」が大ヒット、2ndアルバム「空創クリップ」でチャート1位を獲得。同年、NHK「紅白歌合戦」に初出場し、 3年連続出場を果たす。 2007年初のベスト・アルバム「グレイテスト・ヒッツ」が2週連続チャート1位を獲得し、約90万枚を超えるビッグヒットを記録。2016年、新曲「フレ!フレ!」(MINISTOP CMソング)を収録した、大ヒットを記録したベ スト盤「POPMAN’S WORLD」と対をなす、アナザー・ベストアルバム「POPMAN’S ANOTHER WORLD」をリリース。4月から新コンセプト の全国ツアー「スキマスイッチTOUR2016“POPMAN’S CARNIVAL“supported by MINISTOP」の開催が決定!ライブアーティストとして も定評がある。
Char:写真Char
1955年6月16日生まれ。
本名、竹中尚人(たけなか ひさと)。
8歳でギターをはじめ、10代からバックギタリストのキャリアを重ねる。
1976年「Navy Blue」デビュー以降、
「Smoky」、「気絶するほど悩ましい」、「闘牛士」等を発表。
1979年 Johnny, Louis & Char で「Free Spirit」を行う。
1980年 江戸屋設立以降、Phychedelix、BAHOで活動を行う。
2009年 ZICCA RECORDS設立。TRADROCKシリーズ発表。
2015年6月15日、生れ還る暦を迎える前夜に武道館公演を開催した。
LOVEPSYCHEDELICO:写真LOVEPSYCHEDELICO
KUMIとNAOKIのユニット。
2000年4月『LADY MADONNA 〜憂鬱なるスパイダー〜』で衝撃的なデビューを果たし、音楽業界を震撼させた。
もはや"DELICO SOUNDS"という言葉すら浸透しており、その根幹はNAOKIの印象的なリフと、日本語と英語が自然な形で行き交う独特な歌詞・存在感あるKUMIのヴォーカルスタイルにある。

1stアルバム『GREATEST HITS』は200万枚を超えるなど、アルバムはいずれも驚異的なロングランヒット作品となっている。
ROY (THE BAWDIES):写真ROY (THE BAWDIES)
THE BAWDIES
ROY(Vo,B)TAXMAN(G,Vo)JIM(G)MARCY(Dr)によって2004年1月1日に結成。
唯一無二の圧倒的なボーカルを武器に、彼らの敬愛してやまないリズム&ブルースやロックンロールのルーツを昇華した楽曲、誰もを楽しませてくれるライブが各地で噂を呼ぶ。2014年12月に5th Album「Boys!」をリリースし、2015年3月には自身二度目となる日本武道館公演を大成功に収めるなど、今もっとも目が離せない「世界基準」のロックンロール・バンドである。

6月29日(水)

絢香:写真絢香
2006年2月1日「I believe」でデビュー。ファーストアルバム「First Message」は出荷枚数140万枚を超え、2009年のベストアルバム「ayaka's History 2006-2009」でもミリオンを記録。2年間の活動休止を経て、2012年2月1日に復帰アルバム「The beginning」をリリース。初のセルフプロデュースアルバムとなる同アルバムはオリコン初登場1位を獲得。 2014年にはNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」の主題歌「にじいろ」をリリース。現在総DL数90万を突破し、ロングヒットを記録している。また、ギター・ピアノ・歌のみの過去最小3人編成で全国ホールツアーを行い、パフォーマンスの新たな可能性について提示した。2015年には3年振りとなるアルバム「レインボーロード」をリリース。
今年、2月1日にはデビュー10周年を迎え、国立代々木競技場第一体育館で一夜限りのメモリアルライブを行った。そして9月からは「デビュー10周年Anniversary Tour」も開催決定!全国9ヶ所13公演、自身最大規模のアリーナツアーを予定している。
奥田民生:写真奥田民生
1965年広島生まれ。1994年にシングル『愛のために』でソロ活動を本格的にスタート。『イージュー★ライダー』『さすらい』などヒットを飛ばし、井上陽水とのコラボレーションや、プロデューサーとしてもPUFFY、木村カエラを手掛けるなど、その才能をいかんなく発揮。弾き語りスタイルの「ひとり股旅」、ひとりレコーディングライヴ「ひとりカンタビレ」など活動形態は様々。世界的なミュージシャンであるスティーヴ・ジョーダンらとの「The Verbs」、近年は岸田繁(くるり)、伊藤大地と結成したスリーピースバンド「サンフジンズ」としても活動している。昨年50歳を迎え、新たにレーベル「ラーメンカレーミュージックレコード」を立ち上げ、アニバーサリーライブも数々行った。
斉藤和義:写真斉藤和義
1993年8月25日にシングル『僕の見たビートルズはTVの中』でデビュー。
翌年にリリースされた『歩いて帰ろう』で一気に注目を集める。代表曲である『歌うたいのバラッド』、『ウエディング・ソング』、『ずっと好きだった』、『やさしくなりたい』は様々なアーティストやファンに愛される楽曲となっている。
自他共に認めるライブアーティストであり、弾き語りからバンドスタイルまで表現の幅は広い。また、自らの音楽活動に加え、様々なアーティストへの楽曲提供、プロデュース等も積極的に行う。
2011年には稀代のドラマー中村達也とのロックバンド、MANNISH BOYSの活動をスタート。
これまでに2枚のオリジナルアルバム『Ma! Ma! Ma! MANNISH BOYS!!!』『Mu? Mu? Mu? MANNISH BOYS!!!』のリリースもしている。
トータス松本:写真トータス松本
ウルフルズのボーカルとして、1992年シングル「やぶれかぶれ」でデビュー。
3年後「ガッツだぜ!!」でブレイクし、その後のアルバム「バンザイ」はミリオンヒットとなり、紅白歌合戦出場。
2001年に「明日があるさ」で 二度目の紅白歌合戦出場を果たす。
2003年、初のソロカヴァーアルバム「TRAVELLER」を発表し、自身のルーツであるサム・クック、マーヴィン・ゲイなどソウル、R&Bの名曲をカヴァー。
メンバー4人の圧巻のライブパフォーマンスでオーディエンスを魅了してきたが 2009年8月30日をもって、ウルフルズは無期限活動休止となる。
ウルフルズ活動休止後は、ソロとして3枚のオリジナルアルバム『FIRST』、『マイウェイ ハイウェイ』、『NEW FACE』、2枚目となるカバーアルバム『TWISTIN' THE NIGHT AWAY』を発表。
アルバムリリースツアーをはじめ、全編「声」だけで歌を届けるアカペラツアーや、自身初となる弾き語りツアーなど、勢力的にライブ活動を行う。
2014年2月、4年半の活動休止を経て、ウルフルズ活動再開を発表。
また、音楽活動と並行し、CM、ドラマ、映画、執筆活動等、多方面でも活躍している。

SPECIAL

1
ファンクラブ先行販売及びCBCテレビ先行販売でお買い求めのお客様には
ザ・ビートルズ来日公演時のチケットを模したオリジナルチケットをお渡しいたします。
2
50年前の来日時に同行した唯一の公式カメラマン、ロバート・ウィテカー氏は
2011年に71歳で他界しました。彼の遺志を継ぐ未亡人の特別な許可のもと
ビートルズ来日50周年を記念してこれらの写真60点が東京で公開され、
その一部は、本公演でも公開されます。
3
ジョン・レノンの妹ジュリア・ベアードさんがこのコンサートに ご来場されることが
決定しました!両日ともに会場ロビーで日本未発売の彼女のイギリス版書籍
「イマジン・ジス兄のジョン・レノンと一緒に育って」のサイン即売会(数量限定)も実施決定!

and more....

内容は決定次第順次こちらの公式ホームページで発表します。